Pocket

ディフェリンゲルには、ニキビの原因である毛穴のつまりを改善する作用があるって聞いたけど、それって、余分な角質を除去するって意味だよね??

角質って、お肌のターンオーバーが遅れると、肌に溜まってしまうんだよね~

ってことは、その古くなった角質を除去してくれるってことは、ターンオーバーを促進してくれてるってこと??

そもそもターンオーバーとは

雑誌やTVでも、美容に関する話題によく出てくる単語「ターンオーバー」

でもそもそもターンオーバーって何なんでしょう??

 

ターンオーバーと言うのは、簡単に言うと「肌の生まれ変わるサイクル」のことを言います。

新陳代謝とも呼ばれていますよね。

 

人間の体は常に古い細胞が死に、新しい細胞が生まれる仕組みになっています。

だいたい人間の細胞が全部入れ替えるは3年かかるといわれています。

つまり3年前とはある意味違う「自分」になっているといっても過言ではないんですね。

 

お肌の話に戻りますね~

お肌と言うのは上から「表皮」「真皮」「皮下組織」から構成されています。

さらに、表皮は4つの層からできていて、一番上の層を「角質層」と呼びます。

 

もちろん角質層もずーっと同じ細胞がいるわけではなく、どんどん下から新しい細胞が生まれ、古くなった細胞は垢となって自然に剥がれ落ちます。

 

この生まれ変わりのサイクルこそが「ターンオーバー」

だいたい皮下組織(お肌の一番下の層)でできた細胞が、角質層(一番上の層)に行くまでのサイクルは28日と言われています。

そう、今のあなたのお肌は28日前に作られた細胞なんですよ~

 

しかし28日周期と言っても、人間の体は目覚まし時計のようにキッチリしていません。

精神的ストレスや、寝不足、不摂生、生理によってこのサイクルは早まったり、逆に遅くなってしまったりします。

そして、加齢によってこのサイクルはどんどん遅れを見せてしまうのも特徴です。

30~40代になると、新陳代謝が衰え、このサイクルは45日程度になるとも言われています。

 

ターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質が肌にたまってしまい、毛穴は上手に皮脂や汚れを排出することができなくなってしまいます。

 

そうなると毛穴がつまり、ニキビの第一歩となってしまうんです。

 

つまり、古い角質がたまるというのは、お肌にとって百害あって一利なし!!

そんな時には、自分の力だけではなく、他のものに頼ってみてもいいんじゃないでしょうか。

 

ディフェリンゲルの効能

ディフェリンゲルは主成分として「アバタレン」と言う、レチノイドにとてもよく似た働きをする成分が入っています。

 

このアバタレン(レチノイド)はこのような働きをします。

 

  • ピーリング効果
  • ターンオーバーの促進
  • 細胞の再生を促す

 

ディフェリンゲルと言うのは、そもそもニキビ菌である「アクネ菌」を殺菌することが目的のお薬ではなく、「ニキビの原因である毛穴のつまりを改善、毛穴につまった角質の除去」するというお薬なんです。

 

なので、ターンオーバーの促進と言うのは、確かに効果がありますよね。(効能としても書いてありますし)

 

しかしここで注意点。

 

「ターンオーバーの促進をしてくれるなら、ニキビができている場所以外にもぬっちゃダメ?」

 

と思う方もいるかと思います。

 

しかし、さっきの章で書いた通り、ターンオーバーは、早まったり遅くなったするとトラブルがでてしまうんです。

 

遅くなった場合、古くなった角質がニキビの原因になると書きましたが、早まってしまったターンオーバーも、お肌の大敵なんです。

 

ターンオーバーが早まってしまうと、未成熟な細胞が押し上げられてしまうんですが、わかりやすく言うと、

 

まだ防御力のない赤ちゃん細胞を全線で埃や乾燥と戦わせてしまっているような状態です。

 

赤ちゃん細胞はバリアー機能が低く、角質層の仕事である肌内部の水分を保つ力も弱まってしまいます。

そうなると、乾燥しやすくなり、乾燥した肌は皮脂を過剰に出してしまうので、これもまたニキビの原因になってしまいます。

 

ターンオーバーは早すぎても遅すぎてもダメなんです。

 

適度に周期に当たっている「適当」というのが大切なんです。

 

ディフェリンゲルは肌のターンオーバーの促進はしてくれますが、

「ターンオーバーの促進=美肌」と言うわけではないんですよね。

 

なので、ディフェリンゲルはきちんとニキビができている個所にぬり、それ以外の場所には使用しないようにしましょう。

 

まとめ

  1. 肌のターンオーバーはストレスや食生活によって、乱れてしまうことがあります。
  2. ディフェリンゲルには、肌のターンオーバーを促進する作用があります。
  3. ですが、肌全体にぬるのは避け、ニキビのでき可個所のみの使用にしましょう。

 

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket