Pocket

人生は楽しむためにある! ・・・はずなのに。

ニキビで自分の顔に自信が持てない・・・。
人と目を合わせるのも恥ずかしいし、相手の視線が気になって会話に集中できない。

おかげで私はいつもマスクを付けていました。犯罪者でもないのに人目を避けてコソコソと生きていました。

だからこそ思うのです。
今までの人生が苦しかった人こそ、これからは好きなだけ美味しいものを食べ、好きな人とセ◯クスし、友だちよりもきれいな肌になって褒められて欲しい!

人生は楽しむためにあるはずです。

人生を楽しむ

一生マスクを付けて生活するなんて最悪の人生だ。

ニキビがあったときは、外出すると必ずマスクをしていました。
毎日欠かすことはありません。雨の日に傘をさすように、ニキビがある日はマスクをしていました。

どうしても人に見られるのが嫌で、夏でもマスクで隠してました。近所のコンビニやスーパーに行くときもしていたので、完全に不審者のようでしたね。(汗)

被害妄想かもしれません。だけど、他人がこっちを見て話してるだけで自分の顔を悪く言ってるんじゃないかって思ってしまうんです。
初対面の人と話すときも相手の目線が気になって仕方がなかった。
人にニキビを見られるのが嫌でマスクが一番の友だちになりましたね…

ニキビがひどくなる度に、鏡を見るのも嫌になったのをよく覚えています。
すべてを悲観的に見るようになって、対人恐怖症のようになってました。
その時はよく、死にたいと思っていました。

私にとってニキビは、自殺を考えてしまうほどに深刻な問題でした。
もし、あなたが私と同じ悩みで苦しんでいるなら、、、

 

堂々とすっぴんで人前を歩けるようになって欲しい

私はあなたにも人生を楽しんでほしいと思ってます。
正しい治療法を知らないばかりに、これからもニキビが繰り返しできるなんて、最低の人生だ。

たった一度の人生なのに、ニキビがあるってだけでたくさん悔しい思いをしてきた。恥ずかしい思いもした。
だからこそ、これからは毎日が笑顔でストレスのない人生を生きるべきだよ。

私は今までもたくさん我慢してきて人生を素直に楽しめなかった。
友だちと遊びに行ったり、飲み会に行ったり、好きな人とセ◯クスしたいと思っても、自分に自信が持てず積極的に楽しむことができなかった。
周りの皆が楽しんでいても、心の底から笑顔で楽しめたことは一度もなかった。
だってさ、マスクを取ったらこのキモい顔が人目に晒されるんだぜ? 他人の目が気にならないって言ったら嘘だろ・・・。

ニキビという次元を超えている

 

小学5年生のとき、ニキビのせいで私はいじめられました。

いじめってひどいですよね。

何が一番ひどいって、トラウマを引きずることなんですよ。

いじめられた時の記憶が、中学生になっても、高校生になっても、社会人になっても、私の心の中で生き続ける。
人と目を合わせることが極端に恥ずかしいと思うようになりましたし、
自然と笑顔は減っていき、仲のいい友だちといても楽しむことができなくなっていく。
その結果、日に日に友だちが減っていき、笑顔がさらに減り、さらに友だちが減っていく。そんな悪循環が社会人になるまで続きました。

後ろを振り返ったとき、私は一人になってました。
死にたいほどの“悩み”があっても相談相手もいませんでした。

心はどんどんと醜くなっていき、肌のきれいな人を親の仇のように妬むようになって、嫉妬してました。
話したこともなく、根拠もないのに、「あいつはチャラチャラ遊んでるだらしない奴だ!」と勝手に決めつけていました。
今思うと、とても最低なことです。

 

きっといじめられた経験のない人には理解されないと思います。

だけど、あえて話しました。

ここまで性格の悪かった私でも、肌がきれいになっただけで、性格まで明るくなれたからです。

正直、学生時代のいじめは今でもトラウマです。日常で「汚い」という言葉を聞くだけで、過剰に反応してしまうときがありますから。
それでも鏡に映る自分の顔を見るたびに、褒められることが増えた今の顔に自信を持てます。
これが今の肌です。

ノンエー 使用 1年後

 

ニキビが治ると幸せな人生が待ってる!

ニキビがない人生はとても幸せで、楽しいです。
話し相手の目線が気にならないし、人前で堂々と笑顔になれるし、毎朝、鏡を見て自分の肌を確認するのが楽しくなります。

何より嬉しかったのが、自分の顔に自信が持てるようになり、人と会うのが楽しくなったことです。
仕事以外で外出する回数も増えて、会社の同僚達と仕事帰りに飲みにいけるようになりました。

私は、人前でマスクを脱いで食事をするのにも抵抗があったのに、今では友だちと食べ歩きをするのが趣味になりましたw
あれだけ繰り返しできて赤く腫れ上がっていたニキビも、今ではしっかりと予防することができています。
毎日のスキンケアも、お風呂に入るときに、1日1回30秒で良くなりました。

最後の希望と思って皮膚科に行ったのに、
副作用でニキビが悪化したなら、このニキビケアで治せるはずです。
→ お肌が本来持つ力を引き出せば、ニキビを治すのは簡単です。

 

必要な情報は全て無料公開中!

このブログは、すべてを“無料”で公開しています。

私と同じように皮膚科に行っても治らず、孤独な人生を生きている人の力になりたいと思ったからです。

なぜなら、世の中で広まっているニキビ治療の方法では、どれをやっても完治することはできないからです。
その理由と原因も詳しく“無料”で書いています。

あなたの肌が何をやっても治らなかったなら、
たった14日間で副作用なく、治療する方法を下の記事に書きました。
順番にすべて読めば理解できます。

  1. 私がどうして悪化した肌でもすっぴんに自信を持てたのか (今ここ)
  2. お肌が本来持つ力を引き出せば、2ヶ月でニキビは治せます
  3. 【衝撃】対処療法はNG!予防治療で完治できる
  4. 無添加石鹸に出会って愛される幸せを知った
  5. 【重要】ニキビを予防し、キメの細かい肌を育ててますか?
  6. ノンエーなら愛される美肌って2週間で作れるんだ
  7. 全ての不安をぶっ飛ばすノンエーの全額返金保証に驚いた!
  8. 一生マスクを手放せない人生ってどんなに惨めだろう・・・

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket