Pocket

皮膚科で処方されるニキビの塗り薬「ディフェリンゲル」

とても有名なお薬なので、ニキビに悩んでいる方は一度は名前を聞いたことがあるんじゃないでしょうか??

そしてもう一つ「副作用がけっこう辛い…」って言うことでも有名なんですよね~

実際、副作用のストレスで薬の使用を中断してしまう方も多いんですよね。

ディフェリンゲル 痒み

私もニキビに悩まされ、使用したときにはなかなか悩まされました…!!

確かに辛かったですが、ちょっとした工夫で軽減できたりもするので、ここで止めるのはもったいない!!

 

そんな副作用の中でも今回は「痒み」についての予防法や、副作用の期間のお話をしていきますね。

そもそもなんで痒くなるの??

ディフェリンゲル 痒み

まず、ディフェリンゲルはニキビの原因となる毛穴のつまりを改善するために、毛穴につまった角質を除去する働きをします。

そうして、その際に新しい角質層を作ることも抑制してしまうんです。

 

角質はただの悪者ではなく、肌内部の水分を外に逃がさない働きや、肌を外の刺激から守るためのバリアーのような働きもしてくれているんです。

そのため、その角質層がディフェリンゲルを使うことによって薄くなると、一時的な副作用として「痒み」や「痛み」のような症状が出てしまうんです。

 

その中でも痒みは辛い!使用者のなかでも13%くらいしか出ない症状なので、皮膚が剥けてしまったり、ヒリヒリ痛むという声の声の方が多いですが、痒いのは本当に辛い…

実は、人間が耐えられない感覚で一位は「痒み」なんですよ。痛みだと思っていた方も多いと思いますが、痒みってそれくらい厄介なものなんです。

 

その痒みなんですが、何故出てしまうかというと、上記したように「角質層が薄くなって肌のバリアー機能の低下」によってお肌が刺激に敏感になっているために出ちゃうんですよね。

しかし、この時は本当にお肌の膜が一枚少ないような状態!!ボリボリと引っ掻いてしまっては余計にお肌が悲鳴をあげてしまうので、掻かないようにしましょうね。

 

どうしたら軽減できる??

そんなこと言っても痒くて痒くて我慢できない!!

そんな時には、皮膚科の先生にすぐに相談するのが一番です。

私も痒みの症状が出てしまい、無意識に引っ掻いてしまって「やっちゃった」人だったので、相談に行きました…そこで先生に教えてもらったいくつかの対処法をお教えしますね。

 

「基本的に、保湿を一番に考えてください。角質層が薄くなることで乾燥もしやすくなり、乾燥も相まってますます痒くなっちゃうので、普段よりもこまめに保湿をするようにして下さい。

あと、痒くて仕方ないとき爪でポリポリ掻いてしまうと、ニキビ悪化の原因になってしまいます。爪って結構汚れていて、実は雑菌だらけなんですよね。なので、そんな時は、テッシュをふんわり顔に掛け、上からネイルタッピングするようにしてあげるだけでも楽になりますよ。

でも絶対に強くしちゃダメですよ! ティッシュの上から爪や指先でトントン、と軽~くタップしてあげて下さいね。

眠っている間に無意識にポリポリ掻いてしまうのも注意してください。そんな時には綿の手袋をして寝ることをおススメします。できるだけスキンケア以外で手が顔に触れるのは避けるようにしましょう。

綿の手袋をするとき、ついでにハンドクリームを塗っておくと翌朝手がスベスベになっていて一石二鳥ですよ!!

ディフェリンゲルは副作用が辛いという方が多いですが、副作用は使用後2週間から1ヶ月で治まってきます。結構長いし辛いですが、ニキビへの効果は一番の薬ですから、頑張っていきましょうね」

ディフェリンゲル 痒み

知らなかった…爪ってそんなに汚いんだ…

ティッシュというのは目からウロコでしたが、やってみると本当に楽になります。

だって痒いのに全く触らないのは拷問ですもんね…

そしてやっぱり保湿ってお肌にとって本当に大切なんですね。

朝晩だけでなく、気になるなぁ~と思ったらその都度こまめにつけるようにしたら、やっぱりだいぶ楽になりました。

しかし、それでもやっぱり耐えられない!!という方は、無理をしないですぐに先生に相談しましょうね。

先生に相談すれば、保湿クリームを処方してくれたり、使用回数の相談もできますから、自己判断で勝手に使用を止めたりしないようにしましょう!!

 

まとめ

  1. ディフェリンゲルの副作用による痒みは、角質層が一時的に薄くなり、肌が敏感になっているために起こってしまうものです
  2. こまめな保湿を心がけるようにしましょう
  3. 痒いからと言って、爪でポリポリと引っ掻いたりしないようにしましょう。爪は雑菌が多く、ニキビ悪化の原因にもなります。痒いときは、テッシュをふんわりと顔にのせ、優しく爪や指先でトントンと叩いてあげましょう
  4. 寝ているときは薄手の綿の手袋などをして、無意識に爪で引っ掻かないようにしましょう
  5. 副作用は2週間から1ヶ月で治まります。

 

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket