Pocket

「ニキビがひどくて皮膚科に行く…」

ニキビは誰でも1度はできてしまうものですが、人によっては治りが遅かったり、人前に出るのが嫌になってしまうくらい悪化してしまうケースもあるんですよね。

ディフェリンゲル 夜 寝る前

私もそんな一人でした。

そして、医療機関でのみ処方してもらえるニキビ薬の「ディフェリンゲル」

市販のニキビ薬とは違い、使用初期の副作用や使用回数など扱いには少し気を付けないといけない点がいくつかありますが、やっぱり効果を実感できる方は多い!!

 

しかし、ニキビを早く治したい気持ちが先走ってしまい、間違った使用法をすると、あなたの悩みを解決してくれるはずの優秀なお薬が、あなたを新たに悩ませてしまう恐れがあるんです。

 

今回はそんな方を一人でもなくすため、ディフェリンゲルで「絶対やっちゃダメですよ!」な注意事項をお話ししていきますね!!

 

こんなに書いてしまいましたが、そこまで構える必要はないですよ。

きちんと用法容量を守るのが、お薬のキホン!その点をしっかり守れば怖いことなどありませんからね!!

ディフェリンゲルはいつ使えばいいの?

さて、ディフェリンゲルを処方されたとき使用は1日1回、夜寝る前、お風呂から上がった清潔な肌に使って下さいねと皮膚科の先生から言われますよね。

 

私ももちろん言われました。

でも言われたときは「ふーん」くらいに軽~く受け止めてして、理由をあんまり考えていなかったんですよね…

とにかくニキビが治るなら何でもいい!!!そんな気持ちでした。

 

しかしこの言葉は重かった…

私は、ディフェリンゲルの副作用のことから「1日1回って言うのは副作用があるから慣れさせるための目安かな? あと肌が再生するのは寝ている間だから、その時に使うのが一番効果的なのかなぁ~」と思っていたんです…

 

そして、副作用も治まったころふと皮膚科の先生に「ディフェリンゲルの副作用もなくなってきましたが、昼間も使っていいですか?」と聞いたところ先生から

 

「絶対に使ってはダメですよ!!」

 

と言われびっくり。

 

なんで? 1日でも早くニキビを治したい私からすれば、できれば朝晩の洗顔のあとにつけたい…

どうしてディフェリンゲルは他の市販薬とは違って夜、寝る前にしか使っちゃいけないの??

 

ディフェリンゲルは紫外線に弱かった!!

ディフェリンゲル 夜 寝る前

その後、皮膚科の先生から詳しくお話を聞いてみるとますますびっくり!!

ニキビに効果のあるディフェリンゲルは、実は紫外線を浴びると、光毒性があり、シミや色素沈着の原因になってしまうんです!!

 

光毒性とは、皮膚や目から入った紫外線に肌が敏感に反応してしまうこと。

エッセンシャルオイルの柑橘系などでも、紫外線による光毒性があるのは有名ですよね。

しかもこの「光毒性」太陽の光だけではなく「蛍光灯の光」にも反応してしまうんですよね。

 

な、なるほど…だから「夜」「寝る前」の使用だったのね…

やっぱり、夜更かしというのはお肌にとっては百害あって一利なしなんですね~

 

なので「1日1回使用」とは言っても「昨日夜にディフェリンゲルつけるの忘れちゃった!!1日1回なら朝の洗顔後につけよ~」と言うのも絶対にやってはダメなんです‼

 

つまり、ディフェリンゲルは必ず寝る前につけ、朝になったら洗顔でしっかり洗い流すことがとっても重要なんです。この場合、ぬるま湯洗顔でも十分に落ちるので、肌の調子が悪いときには、なるべく刺激の少ないぬるま湯洗顔をした方が良いですね。

 

そして先生のお話しでは

 

ディフェリンゲルはニキビによる毛穴のつまりを改善し、新しい角質ができてしまうのを抑え、肌のターンオーバーの乱れを治してあげるお薬なんですよね。つまり、その時肌は皮膚が一層薄くなっている状態なので、外からの刺激にとっても敏感になってしまっているんです。

なので、外出の際には必ず日焼け止めをつけるようにしましょう!普通の時でもニキビにも紫外線は大敵です。

とはいっても、日焼け止めの多くには「界面活性剤」と言うものが含まれています。

界面活性剤は毛穴を塞ぐ原因となりますので、日焼け止めは無添加で、石鹸で落ちるタイプのものを使用してください

 

まとめ

  1. ディフェリンゲルの使用は、夜寝る前、入浴後の清潔な肌に使用しましょう
  2. 日中につけてしまうと、ディフェリンゲルには光毒性があるため、紫外線によるシミや色素沈着の原因になります
  3. 紫外線は太陽の光だけではなく、蛍光灯からも浴びてしまうため、つけたあとは早めに就寝しましょう
  4. 使用中は皮膚が敏感になっているので、日中は必ず日焼け止めをつけましょう

 

ニキビを早く治したい!!

そんなふうに焦ってしまう気持ちは私も痛いほどわかります。

ですが、だからこそしっかり使用法を守り、ディフェリンゲルの効果を一番に発揮させてあげることが大事なんですよね。

 

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket