Pocket

授乳中にディフェリンゲルを使うと子供に悪影響ってあるの?
って凄くに気になるよね・・・。

だってさ、ディフェリンゲルは
『妊娠中は使わないで下さい!奇形児が生まれますよ!』
っていう脅し文句で有名な塗り薬だからw

正しい知識がない人が見ると、
これだけ聞いたら十分に恐怖で、
震えてしまう内容だよね。


特に、現在妊娠していて、
知らずにディフェリンゲルを使用していた人とか、
授乳中で使用している人とか
この情報を知ったら、

『私の赤ちゃん大丈夫かな?』
『私はなんて無責任な母親なの?』
って

母としての子に対する責任感で
悩まされる日々が続くのでしょうね。

なので、この記事では
妊娠・授乳中にディフェリンゲル使用しても
基本的には大丈夫だよーってことを伝えようと思う。

是非とも参考にして欲しい。^^

 

■授乳中は辞めた方が良い理由とは?

ディフェリンゲルはよく、
妊娠中は使わない方が良いと言われるが、
授乳中も使わない方がいいって言われる。

ネット上で噂されている副作用として
ディフェリンゲルの主成分であるアダパレンは
レチノイドから誘導された物質です。

基本的な作用は毛穴の詰まりを開き、取り除くという
単純な作用でニキビの初期段階によく効く。

そんな塗り薬がどうして授乳中には
使用禁止と言われるのか?

いやぁー本当に怖いですよね・・・。

海外での実験結果によると、
大量のビタミンAを妊娠中の動物に飲ませたところ、
催奇形性、つまり、奇形児の赤ん坊が生まれたとか。。。

大量のビタミンA???

ちょっと極端すぎやしないか?
何事も過ぎたるは及ばざるが如し。

そんなに呑んだらどんな健康な人でも
病気になっちゃうよwww

ちなみに、ビタミンAは誰でも知っていると思うけど、
アダパレンとかレチノイドはビタミンAの仲間なんです。
というか、同じ成分。

ビタミンって聞くと単純に“体に良い!”みたいに
思ってしまいがちだけど、実はビタミンAは
脂溶性と行って水に溶けない性質があるんだよね。

だから、ビタミンAの過剰な摂取は
口蓋裂・奇形児の発生が高まると
海外の実験結果では報告されています。

でも、安心して欲しい。
ディフェリンゲルを肌に塗ることで
奇形児が生まれた報告なんて今のところない。

妊娠中はホルモンバランスが崩れるから
皮膚科でニキビの相談をするとディフェリンゲルを
渡されることが多いのだけど、
皮膚科医は塗り薬で胎児に影響があるなんて
科学的な根拠が無いから信じていない。

もちろん、体内に入るなんてことはほぼ無いから、
授乳中も問題ないって医師は言うはずだよ。

 

■妊娠中に使うと奇形児が産まれる?

実際のところは今までに人間で
奇形児が生まれたって報告が無い以上は
そんなに気にすることはないと思うのだけど。。。

これって警戒しておくことは重要でもある。

というのも、そもそも
妊娠している人間の女性に対して
治験と称して薬物実験をするなんてことは出来ない。

だから、どんな薬でもそうだけど、
大抵の薬は妊娠中の使用とか授乳中の使用は
禁止!って言ってる。

そりゃ~そうだよね。

だってさ、きちんと添付文書に書いておかないと、
何か問題が起きた時に責任を求められるのって
薬を作っている会社のほうだし、処方した医者もそうだよね。

だから、
基本的には妊娠中に安全なんて言って
処方してくれる薬はまず無い。

やっぱり、どうしても怖い!って言うなら、
子供が生まれて授乳中が終わるまでは
我慢して自然治癒力を上げるのが一番いいかも。

自然治癒でどうしてもニキビを治すのが難しいのなら、無添加のニキビ用石けんを使うと、身体にも子供にも優しいから安心だよ。

その際は、アフターケアや返金保証が充実しているところで購入しよう。

ドラッグストアやコンビニだと保証のある商品のほうが珍しいけど、
ニキビで悩んでいる人を本気で救いたいと思っている会社は、丁寧に対応してくれる。

■塗り薬は胎児にはほとんど影響がない!

結局のところ、塗り薬に人間に
悪影響を与えるほどの効果はない。

ていうか、あれば子宮頸がんワクチンみたいに
今頃、大問題に発展しているくらい、
被害者がいてもおかしくない。

それがいないってことは、
ネット上で騒がれているほど、塗り薬には
人体に影響はない。もちろん、胎児にも。

といっても、絶対に安心して
ディフェリンゲルが使えるってことも言えないもんだから、
まずは、皮膚科や産婦人科で相談してみるのが
一番安全だと思うんだ。

だって、あの人達はプロでしょ?
分からないことがあれば、プロに聞くのが一番よ。

私が効いたところによると
授乳中はOKでも妊娠中は使用禁止な薬は
結構あるようなのでプロに確認するのが一番安全ですね。

確認する際は、皮膚科と産婦人科両方で
確認した方がいいですよ。

というのも、
皮膚科医は皮膚科のプロであっても
子供の事まで詳しいとは限りませんし
その逆も同じです。

だから、産婦人科にも行って
しっかりとセカンドオピニオン?して下さい。

 

■イソトレチノインなどの内服薬は辞めた方が良い

だけど、イソトレチノインなどの
内服薬だけは辞めた方が良いから、
これだけは忘れないでね♪

奇形児の話で言ったけど、
ビタミンAは塗る分には肌に残ったりって殆ど無い。

だけど、飲むってなると話は変わってくるし
恐らく、多くの皮膚科医や産婦人科では
イソトレチノインは妊娠中や授乳中では
処方されないでしょう。

妊娠も授乳も母体が吸収した栄養で
赤ちゃんが育つのだから、薬のたぐいは
極力使わない方がいいかも。

 

■最後に、

ディフェリンゲルは塗り薬だから、ほとんど授乳中には影響がない。
もちろん妊娠中にも。

だけど、妊娠・授乳中の女性に
人体実験なんて出来ないから
絶対安全って薬を提供する側の人たちは言えない。

少なくとも、今までディフェリンゲルを
使用して何か影響を受けたって報告は
一つもないのだから、医師と相談して
それで大丈夫だと言われたのなら、
使ってみても問題無いだろう。

だけど、イソトレチノインみたいな飲み薬は辞めが方がいい。

もちろんコレも
過剰摂取することが問題になるわけだけど。

妊娠・授乳中は母体が吸収した栄養を
赤ちゃんに分け与えるのだから
飲み薬の類いは使わない方が無難。

何かあってからでは遅いからね^^

薬以外の方法で治したいのなら、ニキビ専用の無添加石けんを探してみよう。
その際はアフターケアと返金保証をしっかりと確認だ♪

という訳で、あくまで参考にしたうえで
不安なら皮膚科と産婦人科に行ってみてよ♪

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket