Pocket

鼻の黒ずみや角栓に
ディフェリンゲルって効くの?

ディフェリンゲルの使用方法で
ニキビ以外に使えるのか?
って質問はすごく多い。

結論から言うと使えます。


というか、2008年の保険適用前から
ディフェリンゲルは美容皮膚科では
よく使われており、一般的な効果は

“毛穴を開き肌のターンオーバーを促す”
なので、

基本的には毛穴に関するものには使えると
美容家には注目されていました。

ただ、人によっては副作用がひどかったりで
健康な肌が不健康に見えてしまうというのも
症状としてはあるみたいですが、
合う人にとっては美容のための塗り薬として
機能しているようです。

■なぜ鼻の黒ずみに効くのか?

ディフェリンゲルの主要成分はアダパレン。
アダパレンっていうのはレチノイドの一種で
ビタミンA誘導体と同じ働きをします。

レチノイドにはピーリング効果があって
肌のターンオーバーを促してくれます。

んでもって角質を取り除き、
肌の奥にあるシミの元となるメラニンも
排泄してくれる優れた成分です。

だからなのか、
美容家の間ではディフェリンゲルって
ニキビ薬というよりも毛穴の詰まりを開き、
鼻の黒ずみをなくすための薬として使用される。

ちなみに、レチノインは国内の一般的な化粧品で
使用することは禁止されており、認可されていないので
基本的には皮膚科か美容クリニック以外では
処方してもらわないと入手が難しい。

ネット上で市販で購入することもできるけど、
中には粗悪なクソ製品も混じっております。

せっかく肌をキレイにしたいと思っているのに
取り返しの付かない肌になったら目も当てられないから
購入するならせめて、美容クリニックで
医師と相談して決めましょうね。

ディフェリンゲルには副作用もあるし。

■レチノイドの効果

レチノイドと似た働きをするディフェリンゲルが
美容家の間で注目されるのはには
これらの効果があるから。

・ピーリング効果

・ターンオーバーを促進

・細胞を再生する

・メラニンも排泄

ピーリング効果が在るから毛穴が開くし、
鼻の黒ずみも洗浄できて排泄できる。

メラニンを排除できるからシミの元を減らせるし、
ターンオーバーを促進して肌の細胞分裂を
増やしてくれるのだから、古い角質が消えて
新しい表皮に生まれ変わる。

だから、美肌美人になれるって
美容家の間では有名なんだってさ。

ただ、ニキビ以外では保険適用が出来ないから
美容目的なら間違いなく自由診療となる。

保険適用内でのディフェリンゲルの薬価は
およそ、800円くらいだったはず。
これは3割負担だから、これで計算してみて欲しい。

■最後に、

ディフェリンゲルは基本的にはニキビの特効薬として
皮膚科では注目されている塗り薬なわけで
鼻の黒ずみを取るなどの美容目的では一般的には使われない。

だけど、美容家が注目してるってことは
鼻の黒ずみやにはそれなりに効くのだろうね。

まぁ毛穴の詰まりを開く薬なわけだから、
効果があっても不思議ではない。

ただ、副作用があることは覚悟して欲しい。
乾燥とか
ヒリヒリとしたかゆみとか
赤みとか
皮膚が剥がれたりとか、

どれもニキビを治す過程においては
必要なことで意味のある効果だけど
美容のために使ってこのような症状が現れても
本当に大丈夫かは皮膚科へ行って
医師としっかりと相談すべき!

くれぐれも、薬の知識のないあなたが
勝手な判断で肌に使うのは辞めた方が
あなたのお肌のためだろう。

市販での購入は危険!だし、
必要ない。

ディフェリンゲルのように副作用が出ずに
毛穴の悩みを解決してくれる石鹸はあるよ♪

⇒ 2週間で、毛穴の詰まりと黒ずみをきれいにしてくれる石鹸はコチラ

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket