Pocket

今までのニキビ薬は、「できてしまったニキビを治す」ものでしたが、ディフェリンゲルは「ニキビを治し、ニキビのできにくい肌にする」というとても画期的な塗り薬!!

私もニキビに悩まされていた時にとてもお世話になったお薬です。

 

ディフェリンゲルは2008年から保険適用になり、お財布にも優しいので、ニキビに悩んでいる方は、ぜひ皮膚科で処方していただきたい優秀なお薬!!

ディフェリンゲル 炎症

このディフェリンゲルというお薬には「アダパレン」という成分が入っており、これはレチノイド(ビタミンA誘導体)と同じ作用でニキビへアプローチをしていきます。

 

さてさて、この聞きなれない「アダパレン」という成分が何をしてくれるのか簡単に言うと、皮膚を柔らかくして、ニキビの原因である毛穴のつまりを改善し、白ニキビや黒ニキビを治してくれる作用があるんです。

 

今までにニキビ薬のように「できたニキビを治す」のでは、ニキビができたらぬり、できたらぬり…と、イタチごっこになってしまっていた人も多かったんじゃないでしょうか??

しかしディフェリンゲルはこのように、ニキビの根本である「毛穴」に着目することによって、ニキビを無くそうとしてくれているんです!!

 

しかし…ニキビのお薬ではあるけど、どんなニキビにも効果はあるの??

白ニキビや黒ニキビにも効果は期待できる?赤く炎症してしまっているニキビにも効果はあるの??

とくに炎症ニキビは痛いし、目立つから早く治ってほしいですよね。

 

今回は、ディフェリンゲルは炎症してしまったニキビに効果があるのかお話ししていきますね。

 

そもそも炎症ニキビとは??

ディフェリンゲル 炎症

一言で「ニキビ」と言っても、ニキビにはいろいろと段階による種類があるんですよね。

 

・白ニキビ

毛穴が詰まったまま、中の皮脂が空気に触れないまま、バイ菌に感染していない状態のニキビ。ニキビの一番初期の段階で、この段階で治ってしまえば、痕が残ることはありません。

 

・黒ニキビ

中の皮脂が、バイ菌に感染してしまい、表面が黒くなってしまっているニキビ。白ニキビよりも感染してしまっているぶん、進んだ状態ですが、初めからできてしまう場合もあります。

 

・赤ニキビ(炎症ニキビ)

毛穴につまっていた皮脂を栄養として、ニキビ菌が活発になり、ニキビが感染症を起こしてしまっている状態!!これが炎症ニキビですね。

赤く大きく腫れてしまい、痒みや痛みもあります。炎症ニキビは潰れてしまうとクレータになってしまう可能性大なので、絶対に触らないようにしましょう。

 

・化膿ニキビ

さらに進んでしまうと、ニキビが化膿してしまい、表面がブヨブヨと膿がたまってしまっているニキビの最終形態ともいえる状態です。

化膿ニキビは痕にのこる可能性がとても高いため、注意が必要です。

 

ディフェリンゲルは炎症ニキビに効果あり??

さて、ニキビがバイ菌とともに化膿してしまっては、クレーターやニキビ跡になってしまう可能性が高いため、最悪でも炎症している状態で対処したいところですよね!!

 

ディフェリンゲルは初めに書いたとおり、皮膚を柔らかくして、毛穴のつまりを改善する作用があるため、ニキビの初期段階である白ニキビや黒ニキビといった「非炎症性皮疹(ひえんしょうせいひしん)」に一番効果があると言われています。

 

そして、炎症を起こしてしまった炎症性皮疹には、治す効果は薄いですが、炎症ニキビをこれ以上悪化させないようにする作用があります。

つまり、炎症ニキビに対して「止めて~これ以上悪化しないでー!!」と食い止めるお仕事をしているということですね。

 

なので、直接的に効果があるわけではないのです。

その場合、皮膚科でディフェリンゲル(ニキビを出来にくくするお薬)と炎症ニキビを治療するためのお薬が二種類処方されるケースが多いです。

 

最近一番主流となっているのは、過酸化ベンゾイルを配合した「ベピオゲル」という塗り薬が一緒に処方されるという感じですね。

こちらは炎症ニキビにアプローチしていくお薬なので、この二つでニキビをシャットアウトするということになりますね!!

 

しかし、ベピオゲルを取り扱っていない皮膚科もありますので、お薬を処方される際には、先生に確認しておくようにしましょう。

 

まとめ

  1. ディフェリンゲルは、ニキビができる原因である毛穴のつまりにアプローチしていくお薬なので、白ニキビや黒ニキビには効果が期待されますが、炎症を起こしてしまったニキビに対しては、効果が薄いです。
  2. その場合、炎症ニキビを治すお薬が一緒に処方されるケースが多いです。

 

直接治してくれるというよりも、悪化を防いでくれると言うふうに見た方が良いですね!!

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket