Pocket

ディフェリンゲルって塗るとメッチャかゆいよね!
(;^ω^)

思えば、中学3年生の頃だった・・・高校に進学する前に
今の内にニキビを治しておこうと思い、
勇気を出して皮膚科へ行きました。


皮膚科へ行くとほどなくニキビを克服することで有名な薬である
ディフェリンゲルを皮膚科医の先生から処方されました。

その時に初めてディフェリンゲルを
塗ったけど、翌日からムズムズとかゆいなぁ~っと思い始め、
3日もするともう、ムシりたい!くらいにとにかく“かゆい”!!

その痒さに耐え、1週間ほど使ったりしたけど、
イマイチ改善が見られなかったりで、
その当時は常に副作用のことで不安だったことを覚えています。

ディフェリンゲルを塗るようになってから
肌が剥けたりしてボロボロと剥がれ落ちてくるし、
友達からは『蚊に刺されたみたいになってるよー^^』っと
悪気のない一言ですごく傷つきました!(#・∀・)

この記事を読んでいるってことは
ディフェリンゲルについての悩みがあって読んでいると思うんだ。

  • ただかゆいだけで本当に効果あるの?
  • 私の肌には合わないのかなぁー?

とか、色んな事を悩んでしまうだろうけど、
肌がかゆい状態も皮膚がボロボロと剥がれ落ちてきたり、
肌が赤みがかったりするのは効いている証拠だから
1ヶ月は継続して使うべき!です。♪

 

肌のターンオーバーは3ヶ月おきに起こる。

なぜなら、肌の生え変わりって28日周期くらいだから
副作用が落ち着くのも早くて1ヶ月くらいで
遅くても2~3ヶ月だから、

結局、一ヶ月以上は続けないと
キレイな美肌を手に入れることは出来ないのです。

ネット上ではディフェリンゲルのことを

  • 赤み、
  • 乾燥、
  • 落屑(らくせつ:皮膚が剥けてくること)、
  • 皮膚刺激(ぴりぴり感、かゆみ)

などの症状を副作用と言って
危険だと煽っている人がいるようですが、
これは全くの誤解で、嘘です。

通常、
「医薬品の使用に伴って生じた治療目的に沿わない作用全般」
のことを副作用というので、
ディフェリンゲルを使うことでニキビを治すために
発生する上記の症状は、副作用とは呼ばず
“随伴症状”と言います。

赤み、乾燥、落屑、皮膚刺激(ぴりぴり感、かゆい)は
薬の効果がきちんと出始めている証拠なので
しっかりとディフェリンゲルを1ヶ月以上は継続使用しましょう。

 

副作用の期間は1ヶ月!この間を耐え抜くには?

では、なぜ
かゆいといった症状が皮膚に現れるのか?ってことだけど、

ディフェリンゲルは新しい角質が作られるのを抑制し、
ニキビなどによって異常な毛穴の詰まりを防ぐ役割がある。

ただ、そのため、
角質が新しく作られないから角質層は薄くなり、
外部からの刺激を受けやすくなるんだね。

だから、
『ヒリヒリとかゆいなぁー』って思うわけだ。

だけど、この症状はディフェリンゲルを使い始めて、
1ヶ月もすれば普通は落ち着くはずだから、
ニキビを将来的にも永久的にもサ・ヨ・ナ・ラできると思えば、
絶対に我慢ができるはず!

少なくとも私は、あのニキビ肌のまま大人になるくらいなら
中学生のあの頃にたった1ヶ月耐え抜いたおかげで
今は自分のお肌に自身が持てます♪

あの時、頑張ったおかげで今では
『肌きれいだねぇー』って
好きな人からも言われるようになりました。

コレは一番嬉しいことですね。

※追記

ディフェリンゲルを使用する際にかゆみを抑えたり、皮膚が剥がれてくるのをできるだけ抑える化粧水・保湿クリームの使い方を追記します。

私のおすすめは
■夜は、『洗顔→化粧水→乳液(保湿クリーム)→ディフェリンゲル 』

■朝は 洗顔→化粧水→ダラシンtゲル

ダラシンtゲルは炎症を起こしているニキビによく効くので赤ニキビに効果があります。

特にかゆいのが赤ニキビだと思うので
皮膚科で相談してもらえればダラシンtゲルを処方してもらえるかと。

ちなみに、ディフェリンゲルの使用方法は基本的には1日1回です。

1日2回以上などニキビが気になるからといって
大量に塗布すると副作用が悪い具合に出てしまい、
相当つらいので、使用量と使用頻度は守って使用して下さい。

 

まとめ

最後に言いたいのは、
多少“かゆい”くらいで
途中で治療を投げ出すのだけは辞めて欲しい!

もちろん、ディフェリンゲルの副作用の知識が正しくないなら
人に言えない悩みや不安に思うことが多いだろうけど、
かさつき、赤み、落屑、かゆみはニキビに悩む患者さんの
実に80%が経験することなので何も心配はいらない。
(`・ω・´)

将来に渡って、10代の時のニキビ跡やシミが残ると
女性ならメイクをしても隠しきれなかったり、
男性なら肌が汚いまま毛穴もガバガバに開いて
好きな人からドン引きされるくらいひどい状況になるのは
嫌でしょう?(*´д`*)イヤァ-ン!!

不思議な事にニキビ肌をキレイにしたいと
希望をもって皮膚科へ行き、
ディフェリンゲルを処方してもらった。

そんな人達が副作用のストレスで
治療を途中で中止してしまう患者さんが多い。

これは、副作用の正しい知識が無かったから
自分の肌には合わないと勝手に判断して
辞めてしまったのでしょうね。

んで、そういう患者さんは再び市販で売っているような
全く効かないニキビ用薬品や化粧品を買い漁ったりして
無駄なお金を何十万円と浪費していくようだ。

これでは合理的な解決策が出来ないばかりか
将来に渡ってニキビ跡が残り、後悔することになるでしょう。

それが嫌なら、今はかゆいだろうけど、
我慢して治療を続ければあなたのニキビ肌は
めっちゃキレイになります!

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket