Pocket

あなたは乳液を塗る順番を間違えていませんか?
ディフェリンゲルは塗る順番を間違えると聞きません。

私はディフェリンゲルを塗って最初の1週間くらいで
水に付けただけでもお肌が染みるようになり、
鏡で自分の顔を見るたびに赤くなって荒れているようにみえた。

初めて使ったのは中学3年生くらいの頃だったから
それはもう、精神的に辛い修行のような感じ。

化粧水を塗ればピリピリするし、
だからといって塗らないとダメなんだろうなって
思いながら染みるような痛みに耐えた。

私と同じように赤ニキビや白ニキビに悩まされたなら
ディフェリンゲルを使用した時に
どういった順番で塗れば良いのかな?って
疑問に思ったはず。


皮膚科の先生がきちんと説明してくれればよかったのですが、
あんまり私の行きつけの病院では
そういったアドバイスは無かった。

なので私が調べて効果のあった塗る順番を書こうと思う。

■範囲の狭いものから最初に塗れ!

ディフェリンゲルを塗る順番は基本的には
塗る範囲の広いものから順に塗り、
最後にディフェリンゲルを塗るって感じ。

間違っている人は

洗顔→化粧水→ディフェリンゲル→乳液・保湿

って順番が多いですね。

だけど、コレだと、
せっかく塗ったディフェリンゲルが
ニキビ以外の場所に広がってしまい、
効果が薄れてしまう。

ディフェリンゲルは基本的には
ニキビを包み込むようにチョコンっと綿棒で
置くのが一番おすすめな使い方だ。

皮膚科では顔全体に塗ることを言われる人が多いけど
顔全体にニキビのない人がそんなことをすると、
健全な肌にまで悪影響を及ぼしてしまい
副作用で見るも無残な顔になる。

( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!

それは嫌だよね。

ディフェリンゲルを塗る人は学校だってあるかもだし、
大人ニキビで悩む会社通いのOLかもしれない。

顔中に赤みが出たり、
ボロボロと皮膚が剥がれ落ちてきたり、
日中からかゆかったり、、、

ディフェリンゲルは副作用(随伴症状)が
とてもつらい。

ただ、ディフェリンゲル以上にニキビを治す
特効薬として効果のある塗り薬は今のところは無いから、
コレに期待しつつ、すこしでも副作用を抑える努力をして
症状で苦しむことを減らすために、
正しい塗る順番が必要なんだよね。

■保湿してから出ないと意味が無い!

さっき言った、

洗顔→化粧水→ディフェリンゲル→乳液・保湿

で塗るのは間違い!

でも、この間違いをする人は多い。

なんでかって言うと、普段のスキンケアだと
乳液・保湿を最後にすることが多いもんね^^

だから、いつもの調子で行くと、
乳液を後回しにしてしまう。

ただこれだと、ディフェリンゲルが
無駄な場所にまで広がってしまう。

そうならないために必要な塗る順番は、

洗顔→化粧水→乳液・保湿→ディフェリンゲル

最後にディフェリンゲルを使用する順番が
最も正しい。

それに、保湿を先にしたほうが
ニキビ治療によって失われた肌の角質の代わりになり、
バリア機能を保ってくれる。

だから、皮膚の薄くなった部分からのばい菌の侵入を
防ぐ役割も果たしてくれる。

なので、ディフェリンゲルを最後に使用しよう。

他にもダラシンtゲルとかの
ニキビ治療薬を処方されているのなら基本的には
範囲の大きいものから順番に使用していくのが
スタンダードなやり方で最も効果が出る順番だ。

■最後に、

乳液を塗る順番って結構悩むよね(汗)
Σ(´∀`;)

私もそうでした。

だって、ディフェリンゲルを使ったのなんて
初めてだし、思春期ニキビに悩まなければ
苦しむこともなかった。

特に副作用はメッチャ大変!

肌はボロボロ剥がれるは、
とにかく乾燥するわ
かゆいわぁっで

もう何が何やらってくらい私には
副作用が効きまくりでした。

だから、乳液をしっかりと塗り、保湿をすると、
その症状もだいぶと改善して
あまり悩まなくなったな。

今は大変だと思うけど、
しっかりとケアすればニキビもすぐに無くなる!

ニキビを肌から追い出すまでガンバローね♪

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket