Pocket

大人ニキビに悩む女性は多いですよね…

思春期にニキビに悩んでいたのに、今度は大人ニキビ!?勘弁してよもぉ~

 

そして、皮膚科で処方される塗り薬「ディフェリンゲル」がニキビに有効!って言われてますが、

あれ、説明書に「妊娠中の方・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は使用を控えてください」

との文字が…

 

な、なんで!?と思ってネットで調べてみたら

 

「ディフェリンゲルの使用による奇形児の可能性」

「妊娠中に使用したら流産の危険」

 

なんて恐ろしすぎるワードがちらほら…

 

将来お母さんになりたい方にとって、これは聞き捨てならないですよね。

我が子にはできる限り安心安全な環境で生まれてきてほしい。

そう思う方はたくさんいますよね。

 

さて、本当にディフェリンゲルはそんなに危険なお薬なのでしょうか?

 

なにゆえそんな風に言われるディフェリンゲル

なんでディフェリンゲルにそのような噂があるんでしょうか。

これはディフェリンゲルの主成分に大きな理由があるとされています。

ここからは少し聞きなれない単語がいくつか出てきますが、なるべく噛み砕いて説明しますね!

 

ディフェリンゲルの主成分には「アダパレン」と言う成分が入っています。

アダパレンは「レチノイド」と言われる成分と同じような作用があると言われてします。

 

このレチノイドと言うのは、誰でも一度は聞いたことのある「ビタミンA」と似た働きをするんです。

 

ビタミンAってお肌にいいんじゃないの??

 

はい、ビタミンAは鼻や口の粘膜を正常に保ったり、体の免疫を高める効果など、人間にとってとても大切なビタミンの一種ですが、実は過剰摂取すると副作用を起こす危険性のあるものなんです。

 

そして、妊娠中の女性や授乳中の女性は、ビタミンAを過剰摂取すると、奇形児の

可能性が高くなると言われているんです。

 

話がややっこしくなってきてしまったので、一度整理してみますね。

 

ディフェリンゲルの主成分であるアダパレンは、ビタミンAによく似た成分であるため、ビタミンAの摂取量に気をつけてほしい妊婦さんなどには使用を控えてほしい。

 

と言うことです。

 

実際に「ディフェリンゲルを使用して奇形児が誕生した」と言う報告はありませんが、

「ビタミンAを過剰に投与した場合、マウスに過剰肋骨(腰のあたりの肋骨が通常より長くなること)や耳の形状異常が見られた」

と言う報告はあります。

 

ですがこれは人間の摂取量の150倍を与えた場合での報告なので、あまり心配しないでくださいね。

 

結論としては?

結論としては「使用を控えて」いただきたい、と思います。

なぜかと言えば、理由はふたつ。

 

ひとつめは、やっぱり妊婦さんには「安心」して出産をしていただきたいということ。

「もしかしたら…」とストレスに感じてしまうことは、母子ともにあまりいい環境とは言えません。

妊娠中でホルモンのバランスが崩れ、精神的にも弱ってしまう方が多いと聞きますので、やはり、不安の種はひとつでも少なくして、お腹の赤ちゃんにもいい環境を提供していただきたいです。

 

そしてふたつめは、もし、万一奇形児の出産があった場合、「原因はあったのか?」と究明することがあると思います。

その時に、「実際原因かどうかの判断はわからないけれど」ディフェリンゲルを処方した医療機関との医療裁判が開かれるかと思います。

 

この場合、決断の方はどうなるかは分かりませんが、裁判になった、と言う事実によって、ディフェリンゲルの使用を控えてしまう方が多くなってしまうと思うんです。

 

ディフェリンゲルは、今までのニキビ薬とは違い、できてしまったニキビだけでなく、これからできてしまうかもしれないニキビに対してもアプローチをしていくという画期的なお薬です。

どんな薬にも使用法があり、用法容量を間違えてしまうと、毒になってしまいますが、キチンと使用法を守れば自分を助けてくれる味方になります。

 

実際私はディフェリンゲルでニキビが減少し、とても感謝している一人です。

ニキビに苦しんでいた私からすると、私のようにニキビで悩んでいる方は一人でも少なくなって欲しいですし、そのためにディフェリンゲルはとても助けになると思います。

 

まとめ

  1. ディフェリンゲルに含まれる「アダパレン」には、ビタミンAと似た働きをすると言われています。
  2. ビタミンAは過剰摂取することにより、奇形児の可能性があると言われているため、ディフェリンゲルの説明書には「妊娠中の方・授乳中の方は使用を控えるよう記載されています。
  3. いままでにディフェリンゲルによる奇形児の報告はされていませんが、万一を考え、使用は控えるようにして下さい。

 

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮

このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 

Pocket