Pocket

ディフェリンゲル 生理不順

女性にとって、日々の生活の中でどうしても避けては通れないものが「生理」

一か月に一回は必ずきてしまう…でも逆になかなか来ないという「生理不順」はもっと困る…

しかも生理前から生理中は体の不調を訴える方の多いこと多いこと。

イライラしたり、落ち込んでしまう情緒不安定や、食欲が止まらない、体重が増える、むくみやすい、便秘、そして肌荒れにニキビ。

もはや生理は女性にとって鬼門!!

生理は通常28日周期で来る、なーんて言っても、ピルを飲んでいなければ必ず周期ごとに来てくれることなんてなかなかないですよね。

 

普段からニキビが出来やすい方は、生理周期にドバーッとニキビができてしまうこともザラ。

私自身、生理前になると、顎やフェイスラインといった「Uゾーン」に白ニキビができてしまうんですよね…

十代のころのニキビとは違って、この生理周期によるニキビというのは同じところに繰り返しできてしまうのが特徴。

 

この生理の肌荒れはいったいどんな原因でできるの?そして、皮膚科で処方されるニキビ薬の王道ともいわれるディフェリンゲルは、生理不順でのニキビに効果があるのか??

 

そもそもどうして生理期間はニキビができるの??

それはズバリ「ホルモンバランスの乱れ」からくるものです。

生理不順や、生理前の不調というのは、すべてこのホルモンバランスが乱れてしまうことで起きてしまうんですよね。

 

女性ホルモンには二種類ありひとつは「エストロゲン」、もうひとつは「プロゲステロン」。

なんだか聞きなれない単語で、舌を噛んでしまいそうですが、この二つのホルモンは女性の体を作るうえでとても大切なものなんです。

簡単に説明しますね。

 

エストロゲン

肌の弾力や肌内部の水分値を保ち、シワやたるみを予防する。

 

プロゲステロン

肌の皮脂を正常に分泌する。

 

この二つの女性ホルモンは、生理の周期によって増えたり減ったりを繰り返す仕組みになっています。

つまり、この二つの女性ホルモンが乱れるということは、お肌にとっては百害あって一利なし!!!

特に、プロゲステロンは生理前から生理中に活発に働くホルモン。

このプロゲステロンは男性ホルモンに類似した働きをするために活発になりすぎると、毛穴がつまりやすくなったり、逆にプロゲステロンの働きが弱すぎると、皮脂膜という肌を守るバリアーが薄くなり、乾燥を引き起こしてしまうんです。

 

毛穴のつまりに乾燥…これはニキビができるなという方が難しいのではないでしょうか!?

 

そんな厄介な生理ニキビにディフェリンゲルは効果あり?

結論から言うと、「ディフェリンゲル」に「プラスα」が必要です。

 

ニキビが肌の病気であるように、生理不順も立派な体の病気です。

どうしても「ニキビ」に目が行きがちですが、ニキビができるのは二次的なもの。

ホルモンバランスの乱れから生理不順が起こり、生理不順からニキビができるのです。

なので、いくらできてしまったニキビにせっせと薬をぬっても、きちん原因が解消されない限りはイタチごっこになってしまうんです。

ディフェリンゲル 生理不順

なので、生理不順の場合はきちんと婦人科に診察に行くことをおススメします。

生理不順は、誰でも一度はなったことがあると思いますが、あまり長い間ですと、放置しておくのは考えもの。

今できているニキビや同じところに繰り返しできるニキビは何かのサインかもしれません。

病院に行けば、漢方薬やピルを処方してくれたり、そのほか気になることを相談できるので、是非一度足を運んでみてください。

産婦人科か婦人科、どちらに行くのか迷ってしまうかもしれませんが、生理不順についてなら、どちらを受診してもかまいませんよ。

 

なので、初めに言ったようにディフェリンゲルだけでは治らない場合も多いので、ディフェリンゲル+婦人科で処方されたお薬、を使用する方が、早くニキビとサヨナラできますよ!!

 

私自身、ニキビがひどく、生理も不順だったときには皮膚科と婦人科のふたつに科かっていました。

ニキビは一つの原因でなるわけではないので、ややっこしいですが、婦人科で処方された漢方薬で、生理不順も快復し、きちんとディフェリンゲルの効果を感じることが出来ました。

 

婦人科に行くのは怖い、という方も多いかもしれませんが、頑張っていってみましょう!

不安だったことをいろいろ相談できますよ。

 

まとめ

  1. 生理不順はホルモンバランスの乱れから起こってしまいます。
  2. 生理不順はニキビにも影響しますが、ディフェリンゲルだけで治そうとしても、効果が十分に発揮されない場合があるために、同時に婦人科を受診することをおススメします。

 

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket