Pocket

ディフェリンゲル 脂性肌

お肌にはいくつか種類がありますが、その中で一番お肌トラブルが多いのが「脂性肌(オイリー肌)」。

 

脂性肌だと、ニキビトラブルはもちろん、女性はお化粧の時も崩れやすくて困っちゃう!!

夕方にはファンデーションが汚く崩れてしまって、人前に出ることはおろか、鏡で自分の顔を見るのも嫌になってしまいますよね。

毎日ちゃんと洗顔もして清潔にしているのに、なーんか不潔な印象…

 

「こんな肌じゃあ、周りから汚いって思われちゃってるんじゃないかな…」

「あの人顔洗ってないんじゃない…やだーとか思われてるんだろうな」

 

これって被害妄想??

そうかもしれません…でも、そんなの肌トラブルがない人にはわかるわけない!!

肌に自信がないってすごく辛いことです!!

 

いくら努力をしても治らないから苦しいんですよね。

そんな時には、勇気を出して皮膚科で相談してみるのもいいかもしれませんよ。

皮膚科でニキビのお薬を処方していただくこともできますし、脂性肌についての疑問も聞けるかもしれません。

 

皮膚科で処方されるお薬の中でもニキビに一番効果が期待される塗り薬「ディフェリンゲル」保険もききますからお財布にも優しいのも嬉しいところ。

 

でもニキビに効果的って言っても、どんな肌にも効果があるの?すごく気になる!!

そもそも脂性肌って??

ディフェリンゲル 脂性肌

先ほど肌にはいくつか種類があるといいましたが、お肌には肌質といって「普通肌」「乾燥肌」「脂性肌」「混合肌」の4つに種類わけされています。

その中でも「脂性肌」は最も肌トラブルがあるといわれ、自覚している方も多いタイプです。

 

脂性肌とは簡単に説明すると「皮脂の分泌が過剰になってしまっている肌」のこと。

皮脂が過剰に分泌されれば、毛穴を塞ぎやすくなり、ニキビができやすくなってしまいます。

しかし、皮脂というのは「悪者」なわけではありません。

皮脂膜となって、お肌を外の刺激から守ってくれる働きがあるんですよ。

出過ぎてしまうのが問題なんですよね、何事もバランスが大事なんですね~

 

脂性肌の原因として考えられるのは

  • 食生活
  • 生活習慣によるホルモンバランスの乱れ
  • 遺伝的要因
  • 間違ったスキンケア

 

などいくつかあります。

食生活では、脂っこい食事はなるべく避けるようにしたいですね。皮脂腺はお肌の排泄機関とも言われていているので、油分を取りすぎると排泄される量が多くなり、肌がベタベタになりやすくなってしまうんですよね。

 

スキンケアの面でも注意が必要。よく、脂性肌の方はあぶら取り紙を使っていますが、これは絶対に止めましょう!!

あぶら取り紙は皮脂を取りすぎてしまい、肌が「皮脂がなくなっちゃったぞ!!急いで作らないと!!」と思ってしまい、余計に皮脂を出してしまうんです。

ベタベタしてきたら、ティッシュで軽く押さえるだけにしましょう。ティッシュで十分に余計な皮脂は取れますよ。

その場合、化粧用ティッシュを使用したほうがお肌の負担になりにくいです。

 

生活習慣では、睡眠不足やストレスなど、思い当たるところがあれば改善していきましょう。

生活習慣を改めるだけで、肌の状態はかなり改善するものですよ。

 

でも、それだけでも治らないから困っているんですよね。

そもそもニキビがストレスの源?そんな時には、思い切ってお薬の力も借りてみるのも一つの案です!!

 

ディフェリンゲルは、脂性肌に効果があるの?

さて本題の、ディフェリンゲルで効果は感じられるのか。

脂性肌にディフェリンゲルは相性が良いといわれています。

ディフェリンゲルは、ニキビの原因である毛穴のつまりを改善するために、厚くなった角質を除去する働きがあります。

この厚くなった角質は、皮脂が外に出るのを邪魔してしまい、たまった皮脂はアクネ菌のエサとなりニキビになってしまいます。

ですから、皮脂がたまらないようにしてくれるディフェリンゲルは、脂性肌に効果的とされます。

しかしここで一つ注意があります。

ディフェリンゲルを使用すると、副作用として肌が乾燥しますが「私はオイリー肌だから保湿し過ぎないようにしよう」と、保湿をおこたってしまいがちですが、保湿はしっかりして下さい!!

 

脂性肌でも乾燥はするの?

はい、おおいにしますよ!!肌の油分と水分は全くの別物です。肌がベタベタしているからと言って、乾燥していないわけではないんです!!

逆に、肌の水分値が低すぎるために、肌が「お肌を守らないと!」と、皮脂を出している可能性も高いんです。

 

ですから、ディフェリンゲルを使用して少し肌が乾燥よりになっても「調度いいや~」と思わず、しっかり保湿剤で保湿するようにしましょうね。

 

まとめ

  1. 脂性肌は「食生活」「遺伝」「ホルモンバランスの乱れ」「間違ったスキンケア」からなることが多いです。
  2. ディフェリンゲルは、脂性肌によるニキビに有効とされていますが、オイリー肌だからと言って、保湿を怠らないように注意しましょう
  3. 脂性肌が気になりすぎる場合は、皮膚科で相談してみましょう。

 

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket