Pocket

あなたはご家庭でも見たことあるんじゃないでしょうか?

大塚製薬から出ている「オロナイン軟膏」オロナインといえば、ささ向けや切り傷に、チョンチョンとぬるイメージかもしれませんが、効能・効果と書かれた裏には、一番初めに「にきび・吹き出物」と書かれているんですよね。

オロナインってニキビにも効果があるんだ!!しかも、オロナインは薬局で簡単に手に入るし、お財布にも優しい!!

ディフェリンゲル オロナイン

そしてもう一つ、ニキビ薬として皮膚科で処方されて塗り薬の「ディフェリンゲル」

こちらは医療機関でないと処方してもらうことはできませんが、現在、ニキビに対し効果が一番実感できる薬と言われています。

初期の副作用や、使用回数などは厳密に決められていますが、保険が適用されるので、こちらもお財布に優しいお薬。

 

今回は、この二つの薬がそれぞれどんなふうにニキビにアプローチしていくのか?

また、どんなニキビに効果が期待できるのか?

そのことについてお話ししていきますね!!

 

ディフェリンゲルとオロナインのそれぞれの仕事

それでは、二つのお薬がそれぞれどんな働きをするのか具体的にお話ししますね!

 

ディフェリンゲル

ディフェリンゲルは、ニキビの原因である「毛穴のつまり」を改善するために、毛穴につまった角質を除去する働きがあります。

皮膚をやわらかくする作用があり、角質を除去する際に、新たな角質が作られるのも抑制して、ニキビを根本から無くそうとするお薬です。

 

オロナイン

オロナインの主な役割は、殺菌と保湿効果です。

オロナインの主成分には殺菌消毒作用があり、そのほかに、ワセリンやグリセリンも入っており、こちらは保湿効果があります。

つまり、ニキビに対しても殺菌・保湿が期待できるということですね。

 

それぞれに効果のあるニキビ・ないニキビは??

ディフェリンゲル

ディフェリンゲルは、目には見えないくらい小さな毛穴のつまり「微小面皰(びしょうめんぽう)」から、白ニキビ、黒ニキビに効果があるといわれています。

反対に、赤く炎症したニキビに対しては、ニキビを治す作用ではなく、ニキビが悪化しないようにする働きをするため、「治す」という観点からみると、ディフェリンゲルは効果的とは言えないかもしれません。

あくまで、初期段階のまだ空気中の雑菌に感染していないニキビに効果があるとされています。

 

オロナイン

オロナインは反対に、赤く炎症をしたニキビに効果があるとされています。

ニキビが炎症を起こし赤くなってしまうのは、毛穴のつまりをエサにアクネ菌が増殖してしまうせいなんですよね。

そこでオロナインは殺菌作用によってアクネ菌の増殖を防いで、ニキビを治そうとしてくれるんですね。

 

しかしここで注意点。

オロナインは、白ニキビや黒ニキビには効果が発揮されないどころか、かえって悪化させてしまうことがあるんです!!

 

白ニキビや黒ニキビは、毛穴がつまっているだけの非炎症性皮疹(ひえんしょうせいひしん)と言われ、この状態のニキビにオロナインをぬってしまうと、かえって毛穴のつまりを促進してしまい、悪化させてしまう可能性があるんです!!

毛穴もつまっている状態なので、オロナインの殺菌効果もあまり有効に働いてくれないんですよね。

 

また、思春期ニキビにも効果は薄いとされています。

思春期のニキビは、ホルモン分泌が活発になり、肌の油分が多くなることで、毛穴がつまってできてしまうのですが、オロナインは保湿効果が優れているために、かえってニキビの悪化を招いてしまう恐れがあるんです。

 

じゃあどうやって使い分ける??

ディフェリンゲル オロナイン

ディフェリンゲルとオロナインは、それぞれニキビへのアプローチが全然違う!!ということで、ニキビの種類によって、使い分けが必要になります。

 

  • ・白ニキビや黒ニキビといった「非炎症性皮疹」には、ディフェリンゲルが有効に作用するため、こちらを使うようにしましょう。
  • ・逆に、アクネ菌に感染してしまった炎症ニキビは、殺菌作用のあるオロナインが有効です。

 

オロナインは、保湿効果が高いために「プツ」っとできてしまった場所にのみ、少量をぬるようにしましょう。

オロナインは伸びが良いので、つい広範囲につけてしまいがちですが、他の毛穴を塞がないために、患部にのみ使用しましょう。

 

まとめ

  1. 殺菌効果のあるオロナインは、炎症した「赤ニキビ」に効果的です。
  2. ディフェリンゲルは「白ニキビ・黒ニキビ」といった、非炎症性皮疹のニキビに効果があります。
  3. それぞれのニキビによって使い分けをすることで、早くニキビを治しましょう!

 

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket