Pocket

 

ディフェリンゲル ピーリング効果

2008年から日本でも保険適用になったニキビの塗り薬「ディフェリンゲル」

ニキビの原因である毛穴のつまりを改善し、毛穴につまった角質を除去する働きがあるのは結構有名になってきましたよね。

 

まあ、皮膚科で処方されるときのパンフレットに書かれているので、もらったことがある方は目にしたことがあると思います。

 

そこで疑問に思うのが、角質を除去するって、それってピーリングのこと?

それに、よく聞くお肌トラブルの「毛穴」。

毛穴の開きも、あれって古くなった角質が原因じゃなかった…??

 

じゃあ、もしかして、ディフェリンゲルって、ピーリング効果や毛穴の開きにも効果があるってことなの??

毛穴の悩みにピーリング

ディフェリンゲル ピーリング効果

朝洗顔をしたあとに、なんだか肌がザラザラする。お化粧ノリがよくない。お肌がくすんで見える。

これって実は、古い角質や過剰分泌された皮脂がたまってしまっているのが原因なんです。

 

角質は本来、肌のバリアー機能を備え、肌内部の水分量を保つ役割があります。

この角質、正常にターンオーバーが進めば、古くなると勝手にポロポロ落ちていくはずなんですが、ターンオーバーが乱れてしまうと、肌にどんどんたまっていってしまいます。

古くなった角質には、水分量を保つ役割も弱まり、肌は乾燥しがちになってしまいます。

 

そうすると、お肌としては大慌て

 

「わ~!!肌が乾燥しちゃうよ~バリアー機能が低下しちゃう!!」

 

と、乾燥を防ぐために皮脂を多く分泌してしまうんです。

 

こうなってしまうと、古い皮脂にいくら水分を与えても、すぐに蒸発してしまうので、また乾燥を防ぐために、皮脂を過剰に出してしまう…

そして、過剰に分泌された皮脂を毛穴は上手に排出できなくなってしまい、つまりや開きの原因になってしまう。

 

これぞ魔のスパイラルです。

 

なので、そのためには、古くなった角質を除去してあげることが大切なんです。

そして、その「古くなった角質」を落とすことをピーリングと言います。

 

ディフェリンゲルの仕事は…

ディフェリンゲルの主要成分は「アバタレン」と言うものなんですが、このアバタレンはレチノイドと言う成分ととても良く似た働きをしてくれます。

 

さて、じゃあその働きっていったい何??

 

レチノイドには、ピーリング効果として、肌の角質を除去する働きがあるんです。

 

ちなみに、成分表記さるときには、レチノイドはレチノイン酸と書かれます。すこしややっこしいですね…

このレチノイン酸は、一般的な化粧品には使用することができず、医療機関で処方してもらわないと使うことができません。

 

しかし、レチノイン酸(レチノイド)はなんと保険が効かないのです!そう、全部実費!!

 

あれ…でも、レチノイン酸(レチノイド)と同じような働きをする「アバタレン」の入ったディフェリンゲルは保険適用。

ってことは、ディフェリンゲルの方がお財布にも優しくて、ピーリング効果もあるってこと?

 

そうなんです。しかも、アバタレンの方が効果が早く実感できるので、ディフェリンゲルの方が、レチノイン酸よりもおススメといえます。

 

注意点

ディフェリンゲルにはピーリング効果があると書きましたが、ここで注意点。

それは、保湿についてです。

ディフェリンゲル ピーリング効果

ディフェリンゲルには古くなった角質を除去する働きがありますが、同時に新しくできる角質の抑制もしてしまうんです。

 

この働きは「副作用」とも呼ばれていますが、角質が薄くなってしまうとお肌としては皮膚が一枚薄くなったということ。

バリアー機能が弱まり、肌内部の水分を保つ力も弱まってしまうため、刺激に対して敏感になってしまいます。

 

と言っても、これは、使い始めて初めの2週間から1か月までのお話なので、そんなに怖がらなくても大丈夫ですよ!!

 

ですが、その期間はできる限り保湿を心がけるようにして下さい。

もしも、乾燥が気になる場合は皮膚科の先生に相談してみましょう。保湿剤を出していただけると思います。

私も実際ディフェリンゲルを使うにあたり、乾燥が気になったので、保湿剤を処方していただきました。

 

そして、皮膚が剥がれやすいようになったからと言っても、無理にこすって剥がしたりしないようにして下さいね。

お肌はとっても繊細です。美肌を手に入れるために、焦ってしまう気持ちはよくわかりますが、急がば回れといいますので、お肌の方に歩調を合わせてあげて下さい。

 

 

まとめ

  1. ディフェリンゲルの主成分は「アバタレン」というレチノイドによく似た成分です。
  2. アバタレンにはピーリング効果があり、同じくアバタレンにも期待できます。
  3. ディフェリンゲルはピーリング効果がありますが、新しい角質を抑制してしまう作用もあるので、使いはじめの1か月ほどは保湿をしっかり行いましょう。

 

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket