Pocket

ディフェリンゲル 吹き出物

お肌の悩み「二大巨頭」といえば、ニキビと吹き出物ですよね。

ああ、嫌だ嫌だ…書いているだけで憂鬱になる単語ですよもう。

 

某CMでも、お肌が綺麗な女性は無敵~とうたわれていましたが、なんて染み渡る言葉。

逆言えば、お肌がボロボロだったら四面楚歌ってことじゃない!!でも否定できない。

 

鏡を見るたびにため息をついている方、いっぱいいるんじゃないでしょうか?

以前の私もそうでした。

でも、一人で鬱々と悩まないで、一度皮膚科のお医者さんに相談してみてはどうでしょうか。

お肌のことは、やっぱりお肌のプロに聞いてみるのが一番!!

医療機関なら、保険も利くのでお財布にも優しいですし。

 

皮膚科で「ニキビに困っていて…」と言って渡される、ニキビ薬の王道「ディフェリンゲル」

ディフェリンゲルはニキビに効くって有名だけど、吹き出物にも効くのかな?

 

というか、そもそも「ニキビ」と「吹き出物」って、どう違うの??

ニキビと吹き出物の違い

dディフェリンゲル 背中ニキビ

実はニキビと吹き出物って、どっちとも「毛穴に皮脂がつまってしまった状態」のことを言うので、明確な違いはないんです。

 

しいて言うならニキビは思春期の、成長によるホルモンバランスの乱れからくる、主にTゾーンにできる毛穴つまりのことを言います。

 

吹き出物の方は、20代からできる頬や顎と言ったUゾーン、生え際などのフェイスラインにできてしまう毛穴つまりのことを指します。

こちらは、繰り返し同じところにできてしまうという特徴があります。

なぜかというと、頬や顎付近は皮脂腺が少なく、乾燥しがちになってしまい、肌が固くなり、毛穴の排泄がスムーズにできなくなってしまうことで、つまりを起こしてしまうんです。

 

そしてもう一つが、加齢によるターンオーバーの乱れです。

本来なら自然に剥がれ落ちてくれる角質が剥がれずにどんどん厚くなってしまい、皮脂が毛穴につまりやすくなってしまうんです。

 

吹き出物の方は、理由が一つではないので、治すのに結構時間がかかっちゃうんですよね。

最近では、「吹き出物」という呼び方よりも「大人ニキビ」って呼び方の方がなじみ深いんじゃないでしょうかね。

 

なので、毛穴のつまりが原因ということで、ニキビと吹き出物は、年齢によって呼び名が違うだけで、同じものと考えて大丈夫ですよ。

でも、大人ニキビって言った方がマイルドでいいですよね…吹き出物っていうと一気に老けちゃった気がするのは私だけでしょうか??

 

ディフェリンゲルの使用

ディフェリンゲル 本体

上で書いた通り、ニキビと吹き出物は毛穴のつまりが原因なので、結論から言えば、十分効果は期待できます。

 

ディフェリンゲルは、毛穴のつまりの原因である角質を除去する働きがあるので、ターンオーバーの乱れなどで厚くなった角質による吹き出物にも有効です。

 

しかし、私自身も皮膚科の先生に言われたんですが

 

「大人ニキビはなかなかすぐには治らないから、長期戦で挑んでください!」

という言葉。

 

ディフェリンゲルは吹き出物に効果的!といいましたが、吹き出物は「発生する理由がひとつではない」ので、ディフェリンゲルを使って劇的になくなった!!と言うふうにはならないんです。

先生からは、

 

「ディフェリンゲルで一気に吹き出物が治ることはなかなかないです。治った~またできた~の波が何度もあって、その波が段々緩やかになっていく感じなんです。

特に女性は生理周期まで入ってくるので、難しいんです。

なので、最低でも半年は使わないと効果が出てこないので、短期間使用して「なにこれ全然効かないじゃん」と思って使用を止めたりしないよう注意してください。

大人ニキビ(吹き出物)には継続して使い続けることが大切なんです」

 

なるほど~ディフェリンゲルは吹き出物には継続して使い続けることが大切なんですね。

どうしても早く治ってほしい気持ちがはやって悶々としてしまいますが、はじめからお医者さんに「長期戦で挑んで!」と言われたら、頑張れますよね。

 

昨日よりも今日の方がディフェリンゲルが活躍してる!!と思い、私も1年ほど使用しました、

そのおかげで、私自身は最終的に「肌綺麗だね~」と言っていただけるくらいにまで回復しました…

本当にありがたいことです。

 

まとめ

  1. ニキビと吹き出物は、年齢によって呼び名が違うだけで、基本的には同じものと考えて大丈夫です。
  2. 一般的にはUゾーンにできるものを吹き出物(大人ニキビ)と呼んでいます。
  3. ディフェリンゲルは十分に吹き出物への効果は期待できます。
  4. 注意点として、吹き出物(大人ニキビ)は原因がひとつではないため治療には時間がかかります、最低でも半年は使用するようにしましょう。

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket