Pocket

ニキビ肌に悩んでいると、イロイロな化粧品に手を出してしまいますよね。

 

「これでニキビが治った!」「出会えたことに感謝してます!」

 

なんて広告を見ると、「私もこれで治るかも…」と期待して購入してみたり…

でも、全部が全部効くわけじゃないし、万人に効く化粧品があるわけでもないんですよね。

 

日本人は世界的に見ても美容にかなりのお金を使っている国ですが、裏を返せばそれって

大変美意識が高い証拠なんですよね。

そんなふうに高い美意識を持っているのになかなか効果が得られないと悲しくなってしまいますよね。

 

今回は、ネットで評判の化粧水「リプロスキン」と、皮膚科で処方してもらえるニキビ薬の

「ディフェリンゲル」の併用についてお話ししていきますね。

 

リプロスキンって知ってる?

インターネットの広告でも見たことある方も多いんじゃないでしょうか。

ニキビ専用の化粧水として、高い口コミで有名ですよね。

 

リプロスキンの主な仕事は、

  • ニキビの予防
  • 皮膚に潤いを与える
  • 皮膚を正常に保つ
  • 新陳代謝(ターンオーバー)を高める

 

お肌の調子が悪いときって、触るとゴワゴワしてしまっていることがありますよね。

化粧ノリも悪くて、嫌になっちゃう!

このゴワゴワの正体は、乾燥によって角質が固くなってしまっているんです。

 

「じゃあ、化粧水で水分補給してあげればいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが

この乾燥して固くなった角質は「古い角質」なんです。

古い角質は、正常な状態なら垢となって自然に剥がれ落ちるんですが、肌のターンオーバーが乱れていると、なかなか剥がれ落ちないで肌に溜まって行ってしまうんです。

 

そして、古くなった角質には、角質の本来の目的である「肌内部の水分を保つ」働きも

弱まってしまっていて、いくら化粧水で水分補給をしても、すぐに蒸発して乾燥してしまうんです。

 

リプロスキンはこのように固くなってしまった角質をやわらかくし、整える成分が配合されてします。

固くなったままの角質には、せっかくの高い美容成分も浸透しにくくなってしまいます。

 

そして、肌のターンオーバーを促進し、肌を正常な状態に近づけるようにします。

 

ニキビができる原因は、古くなった角質が毛穴につまって、毛穴がうまく皮脂や汚れを排出できなくなってしまうことなんです。

毛穴につまった皮脂や汚れをエサに、アクネ菌が大暴れすることにとってニキビはできてしまいます。

 

なのでリプロスキンによって肌の新陳代謝が高まれば、このように古い角質が肌に残りにくくなり、ニキビを根本から予防してくれるということなんです。

 

ディフェリンゲルとの併用

さて、ニキビ用化粧水であるリプロスキンとニキビの塗り薬であるディフェリンゲルは併用してもいいのでしょうか。

これには賛否両論あります。

なぜかと言うと、リプロスキンには古い角質を剥がれやすくする成分が入っているということ。

これはディフェリンゲルにも同様にある働きです。

 

厚くなった角質がニキビの原因になるというのはさっきもお話しましたよね。

ディフェリンゲルは古くなった角質を剥がし、同時に新しい角質ができるのを抑制する働きがあります。

 

なので、敏感肌の方や、皮膚が薄い方はリプロスキンとディフェリンゲルを併用した場合、角質の剥がれが強く出てしまい、赤みや腫れ、痒みがひどくなってしまう場合があるんです。

 

私自身が、皮膚科の先生にディフェリンゲルと併用する化粧水についてお話したとき、先生から

「肌と言うものはもともとは排泄機関です。汚れや垢を出し、新しい皮膚を作ることによって美肌ができていきます。

なので、結果としては余計なものはお肌のは必要ないと考えています。実際には精製水100mlに対してとグリセリン1.2mgの自家製化粧水が一番肌にはいいくらいです。

化粧水はたっぷりつけるのがマストですが、高価なものになるとなかなかバシャバシャつけられませんし、そうなると本末転倒です。シンプルなものほど一番肌にダメージはありません。ですから、手作り化粧水プラスヒルドイドローション、プラスαで、ディフェリンゲルを使用するのが良いと思います。

何を使うかも重要ですが、何を使わなかったかも重要なんです。」

 

事実、ディフェリンゲルの添付文章に併用してはいけない成分の中に

サリチル酸・イオウ・研磨剤・アルコール類と書かれています。

リプロスキンには少量ですがアルコール類の「フェノキシエタノール」という成分が含まれています。

 

もし、どうしてもリプロスキンと使いたい!!と言う方は、ディフェリンゲルを処方される際にきちんと先生に相談してから使用するようにしましょう。

まとめ

  1. リプロスキンは肌の角質をやわらかくし、新陳代謝を高める働きがあります。
  2. リプロスキンにもディフェリンゲルにも肌の角質をはがす作用があるため、ディフェリンゲルの副作用が本来よりも強く出てしまう恐れがあります。
  3. 併用したい場合には、一度皮膚科で相談してから使用するようにしましょう。

 

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket