Pocket

肌荒れが酷いので皮膚科へ相談に行ったら
ディフェリンゲルとダラシンtゲルが処方されたんだけど
使っているともっと肌荒れた( ^ω^)・・・

よく、今までニキビがなかった人や
悩んだことがない人が顔にある
赤みがかった膨らみとかを見ると
肌が荒れたって思うよね。

でもそれってニキビの可能性がある。

だから、病院へ行くと
ディフェリンゲルやダラシンtゲルが処方される。

んで、使っていると、
1週間もするとビックリする程に肌がかゆい!

か、か・・・(δ´ω`)カユイー!!

その猛烈なかゆみで夜も眠れない!

かきむしりたいけどむしれない・・・。
そしてステレスがたまり、寝不足にもなる。

だから、肌荒れする。

■肌荒れする理由とは?

ディフェリンゲルには副作用があり

  • 「紅斑(赤み)」
  • 「そう痒感(かゆみ)」
  • 「落屑(皮膚が細かく剥がれる)」
  • 「乾燥」
  • 「皮膚の不快感(ヒリヒリ感)」

これらの副作用が初体験のない人にとっては
めっちゃ肌荒れしてヤバイ!って
恐怖感を植え付けるのには十分すぎる程に
ショッキングなできごとだろうね。

人によっては塗って数日の間は
ニキビが増えることさえある。

まぁこれはニキビを治すために
肌に刺激の強い薬を使っているのだから
多少のことは仕方がないのだけど、
皮むけや赤みは日常生活にも影響を与える。

特に人と顔を合わせた時に
「肌荒れのことでなんか言われるんじゃないかな?」って
自分の心の中で勝手に思ってしまい、
被害妄想が爆発する!

これがより一層、ストレスを溜め込むんですよね!

そして、肌荒れする。

肌荒れを治すためにディフェリンゲルを使ったのに
ニキビを治す過程で肌荒れするなんて・・・
本末転倒も良いところだ!って怒りたいですね(苦笑)

だけど、そんなことは言っても仕方がない!

美肌を作るためにつらい思いまでして
ディフェリンゲルを使っているのだから
きっちりと元は取らないとな!

じゃぁ具体的にどうするか?っだ。

■ヒルドイドでの保湿が一番?

皮膚科でもそうだけど、ネット上でいろいろ調べてみても
一番、肌荒れに理想なのは“保湿”すること!って言われる。

肌荒れで一番気になるのは
ボロボロと剥がれ落ちる皮膚だろ?

これはヒルドイドっていう
皮膚科で処方される保湿剤では最もポピュラーな
保湿ローションだから、皮膚科で相談すれば
かなりの確率で処方されるだろう。

赤みやヒリヒリとした痛みも
顔の皮を一枚剥がしたような状態になっているのが
ディフェリンゲルの使用者のお肌なので
肌のバリア機能の代わりに、
こういった保湿剤を塗るのが
痛みを軽減する上では役に立つ。

基本的には保湿すれば肌荒れは
かなりマシになる!

ただ、やっぱり皮膚の状態っていうのは
直接見ないとわからないから皮膚科に行って
きちんと医師と相談して治療を継続するべき!

プロの医者に効くのが一番だと思うんだ。

■最後に

ディフェリンゲルの使用を始めた時って
それが初めてならその時の経験は本当に怖いと思う。

だって、肌荒れを治したいと思って
皮膚科に受診したのに、もっと肌荒れするって
その時は想像なんてしなかったろ?

少なくとも私はそうでした。

肌が荒れて、肌が荒れて、
精神的に辛かった。。。

皮膚が再生するときもビニール肌になったりで
鏡を見るのも辛かったな・・・。

だけど、そういった治療に耐えぬくと
ニキビは全くとなくなり、今ではプリっとした
卵のような肌・・・とはいかないが、
ニキビで悩まなくなった。

もし肌荒れで悩んでいるなら
皮膚科で相談してみて欲しい。

一人で悩むよりはずっと
その方が良いよ。

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket