Pocket

ディフェリンゲルを使ってから顔のテカリがヒドくなりました。

こういう経験談って凄く多いと思います。
かくいう私もそうでしたから。

そもそも思春期ニキビができる原因って
思春期の皮脂分泌量が異常に増えるからであって
この時ばかりはどんな対処をしても
食事とかストレスを溜め込まないとかくらいしか
できることって無いと思うんだ。

だけど、ディフェリンゲルを使用してから
余計にテカリがヒドくなったのはどうしてなんだろうか?

っと考えながら自分の鏡とにらめっこ。

いつも鏡を見ていたから分かるけど、
光っている原因は皮膚の再生と乾燥による保護が
大きい原因なんだろうな。

なのでそれについて説明する。


■ビニール肌になるとテカリます。

ディフェリンゲルを使うと皮膚が薄くなるので
再生する時にビニール肌になります。

ちょうど、皮一枚ほど剥がした感じでしょうか。
かなり薄くて不安になります。

そのためか、赤みが出たり、ヒリヒリと痛かったり、
一番つらいのは、かゆみでしたね・・・(汗)

皮膚の角質層が薄くなるのだから
それを保護しようと皮脂が内部からプクプクと
湧き出てくる感じなのでしょうね。
そうしないと乾燥するから。

問題はビニール肌な上に皮脂が増えると
通常の肌の時よりも皮脂が目立って見えるということ。
これは相当きついですよ。

パッと見、他人からは脂性肌の不潔な人って見られますから
自分自身も人とあった時に

『今私、どう思われているんだろう?』

って勝手に被害妄想ばかりが膨らんでしまい
精神を病んでしまうことが多いです。

自分の顔に自身が持てないとそれだけでストレスですよね。
お肌のトラブルって思っている以上に心に響きます。。。

なら、そんな
肌のテカリを防ぐにはどうしたら良いのか?

■保湿が一番???

具体的には、保湿が一番と考えます。

最近の皮膚学を中心とした
医療的な考え方のスキンケアでは
元の肌の保湿力や再生力を一番に考えて
日頃のケアをする必要がある。

あんまり、ベタベタと何かをお肌につけることは
皮膚には良くないどころか、入っている成分によっては
毛穴が炎症して火傷したみたいな状態となり、
隙間の開いている角質から紫外線が入る。
(特に界面活性剤入の基礎化粧品は最悪…)

そうすると、シミの原因となり、
鏡を見る度にショックを受けるでしょう。

ただ、ディフェリンゲルを使っている時なんかは
薬の作用で自分の再生力には頼れなくなってしまうから
皮膚科などで相談してもヒルドイド系の
クリームやローションが渡されることが多いですね。

炎症がひどい場合はステロイド外用剤が処方されるでしょうね。

テカリの原因は肌が乾燥していたり、
再生するときの一時的なビニール肌が目立つことが
原因と考えられる。

だから、ディフェリンゲルによって
テカリがヒドくなった場合はある程度の
治療を継続していれば自然と少なくなり、
テカリに悩まなくなるでしょうね。

ただ、思春期の時期は
ホルモンバランスが乱れるということもあって
どうしても皮脂が過剰に分泌されることがある。

どれだけ洗顔してもどんな化粧水を使っても
内部から分泌されるものでは焼け石に水だ!

この場合は生活習慣を変えて
日頃から健康的な生活を心がける。

その上で、できるだけ、ストレスも溜めないことが
何よりも秘訣だ!

■最後に、

ディフェリンゲルを使用中のテカリはある程度
我慢すれば自然となくなっていく。

治療過程では、皮膚の再生には必要な
生理現象みたいなものなんだろうね。

だから、あんまり気にしすぎて洗顔ばかりしたり、
ひたすら化粧水やら保湿剤やらを使うのも良くない。
化粧水や保湿をたっぷりと塗れば治るというものでもないのだから。
どうしても気になる場合は

油取り紙で丁寧に脂を取って思春期を乗り越えるしかないね。

この時期のニキビは本当にしつこいし、
一度ディフェリンゲルで綺麗に治っても
3ヶ月もすればぶり返すことなんて当たり前ってくらいに
しつこいですよ。

どうしてもテカリが酷くて心配なら
ちょっと高くつくけど、ニキビ用の無添加石けんとかを使って
ニキビのできにくい肌を作る方が、後々悩まないで済むよ♪

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket