Pocket

ディフェリンゲルでニキビを治療するには
3ヶ月ほどかかるってよく言われるよね。

実際のところ、なぜ3ヶ月かかるのか?って
あんまり詳しく分からない人って多いと思うんだ。

だから、今回はニキビを治すために
ディフェリンゲルを使っている人が3ヶ月は
我慢して使い続けなければ、効果を実感できない!

ってことを説明しようと思う。

■肌のターンオーバーには3ヶ月かかる?

人間の皮膚が再生するのは3ヶ月はかかるって言われてる。

だから、ディフェリンゲルを使用して
一通り肌の表面の皮膚が入れ替わるまでには
3ヶ月ほどかかるものだ。

正直、今すぐにでもニキビを治したいものにとっては
3ヶ月という月日は思っている以上に
めちゃくちゃ長い!!

あぁぁぁぁぁ早く治したい!!

っと思うのが普通だろう。

実際に私自身も
ディフェリンゲルの副作用が強くて
塗り始めから心が折れて挫折しそうになった。

おまけに、鏡を見る度に自分の顔がストレスだし
余計に肌荒れするし、イライラしてもっとストレスが溜まる。

あぁこの悪循環!

どうしてくれようか(怒)

それで皮膚科で相談したら
効果が出るまでには3ヶ月はかかるって言われる。

(´・ω`・)エッ?絶句。。。

長い。

長い。

長過ぎる!

後、一ヶ月半も我慢するのかぁぁぁ!!!
(゚д゚)!

てなもんですよ。

だけど、なんとか辛抱して3ヶ月耐えぬくと
自分でも驚いたことにニキビがかなり減少して
だいぶとお肌が綺麗になりました!

■3ヶ月耐え抜くために必要なこと。

今後、ディフェリンゲルを使って真剣にニキビを
将来に残さない形で治療をしていくのなら
最低でも1年以上は継続使用しなければいけない。

特に思春期ニキビだと、10代はホルモンバランスが乱れて
異常な皮脂分泌が顔中から起こる。
そのため、皮脂が毛穴で詰まってニキビになる。

一時、ディフェリンゲルによって現在のニキビを殲滅しても
第2、第3のニキビたちが夜のキッチンにワラワラと
“黒光りするG”さんの如き勢いでどこからとも無く湧いて出る。

一度塗り始めたら、ニキビが無くなったからといっても
ディフェリンゲルの使用をやめてはダメ!ゼッタイ!

だけど、一番の問題は
3ヶ月という途方も無く長く感じるこの月日を
どうやって快適に過ごして、乗り切るかだ。

ディフェリンゲルを使えばニキビが治るって
期待していたからこそ、すぐに治らないとなると
「自分には効かないのかな?」って不安になる。

そうならないために必要なことは
正しい知識を持って継続使用し、
副作用に苦しまないようにすること。

基本的に副作用をマシにするのに必要なものは
“保湿”だ。

ディフェリンゲルを使うことによる副作用(随伴症状)は
皮むけや赤み、かゆみ、
皮膚が薄くなることによって生じる皮膚刺激。

そのどれもが、角質が薄くなることで起きる症状だ。

だから、肌のバリア機能が落ちた分だけ
保湿することが大事。

しっかりと保湿するだけでもだいぶと違う。
皮むけは抑えられるし、かゆみもマシになる。

ただ、お肌の状態によっては
何が最も重要で必要なのかは皮膚科医にしか分からない。

なので、ニキビ治療で少しでも悩んだのなら
皮膚科で相談するのが一番だ。

■最後に、

たった3ヶ月。されど3ヶ月。

この3ヶ月は想像以上に長いぞぉ~。

だからこそ、ここを乗り越えた先には
バラ色の未来が待っている。

ニキビのない湯で卵のようなツルツルお肌の人生を
歩めるように心から応援しています。

まずは、3ヶ月。
ガンバローね(b´∀`)ネッ!

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket