Pocket

ディフェリンゲルはめっちゃ乾燥する!
だから、保湿が必須って言われてるけど、
ワセリンって塗っても大丈夫かいな?

はい!大丈夫です。

皮膚科で処方される保湿剤で有名なもので言えば
ヒルドイド系のクリームやローションがあります。

多くの皮膚科医はヒルドイドには何も
有効成分がないから刺激はゼロだよーって言ってる医者が
非常に多いけど、ヒルドイドには
保湿と同時に血行が良くする効果がある。

そのせいで頬やおでこが赤くなったりして
反応することが多いから、副作用が強いなら辞めた方が良い。

じゃぁなんでワセリンなら大丈夫なんだろうか?
詳しく解説していこう。

 

ワセリンの効果は?

ディフェリンゲルを使うと乾燥でめちゃ痒くなるから、
冬とか困るよね。

だけど、何らかの皮膚病を患っていたり、
市販の薬が使えないくらいに皮膚が
炎症していたりするとまともな保湿はできなくなる。

そこで大活躍!するのがワセリンというわけだ^^

ワセリンの凄いところは、アトピーなどの皮膚病で
悩んでいる患者さんがヒルドイドなどの他の保湿剤は
使えなくともワセリンなら安心して使えるっていう点。

石油を蒸留した時に出る残渣(ざんさ)から得られた油に
さらに生成を加えて完成したもの。

おそらくは人類が初めて作った保湿剤?かも

このワセリンって中々の優れもので
石油って聞くと最初は私も驚いたんだけど、

植物油でも動物の脂でも空気に触れれば
脂ってのは酸化して使い物にならなくなる。

なのに、ワセリンは酸化するのに数年以上は
普通にかかるので、肌に影響を及ぼす頃には
汗やシャワーで流れてる。

ちなみに、オリーブオイルとか顔に塗る
美容法があったりするけど、あれって効果ないどころか
シミを作る原因になってるんじゃない?

謎の油を塗るとお肌をいじめるだけで
得られるものは何もない。。。あぁ悲しい(泣)

 

安全な保湿はワセリンで手に入れる。

ワセリンの分子って大きいから
他のオイル類・クリーム系・ローション系などの
保湿剤に比べて皮膚へ染み込みにくいのが特徴です。

保湿の目的は肌を乾燥から守ることなので
保湿剤にも栄養成分とかドバドバと
求めたがる人がいるけど、保湿剤のほとんどは
私たちが思っている以上に人体に有害な成分が
含まれていることもある。

だけど、ワセリンは肌にとても優しいので
火傷や傷でジュクジュクになった皮膚とかにも
患部の保護を目的として医療機関では使われている。

ワセリンは私たちが思っている以上に
すばらしい保湿効果を持っているんだね。

ディフェリンゲルを使用している時ってのは
肌が乾燥したり、
皮膚がボロボロと剥がれ落ちたり、
角質層が薄くなるから赤みが出たり、
ヒリヒリとかゆかったり、、、

とにかく顔全体に様々な症状が現れる。

それを解決する役目を担えるのが
保湿ってわけ。

保湿するとだいぶっと肌がマシになって
副作用(随伴症状)が抑えられるんだよね^^

だけど、多くの保湿剤は何らかの成分を持っていて
ディフェリンゲルの使用で弱った肌に対して
悪い影響を与えてしまうことも少なくない。

だから、何も悪影響を与えずに、
保湿だけをしっかりとしてくれて
ニキビ治療に専念するにはワセリンが最も効果的なんだ

最後に

ディフェリンゲルを使っていると
とにかく乾燥してくる。

この乾燥をほおっておくと、
様々な症状が現れたりする。

特に冬は一番注意しないと、冬の大敵は
ディフェリンゲルの副作用だけではない。

皮膚の層が薄くなって皮膚刺激が
強く感じるようになると今まで以上に
乾燥してかゆくなったり、
皮膚がボロボロと剥がれる。

なにより、極度に乾燥した肌は痛い!

そうならないためにも
皮膚に対する刺激がなく保湿効果は最強なワセリンは
思っている以上に大活躍してくれるでしょう。

ちなみに、ワセリンには
黄色い色をしたワセリンと
白色ワセリンとの2種類があるんだけど、

購入するなら、白色ワセリンにした方がいい。

何故かと言うと、白色ワセリンの方が
純度が高くて不純物が含まれていないから。

ディフェリンゲルで弱った皮膚の乾燥対策に使うのだから
不純物が少なく、影響の少ない白色ワセリンの方が
安心して使えるだろう。

※保湿は全てそうだが、ワセリンも塗り過ぎは良くない。基本的な使用方法は、顔全体に薄く塗ること。こすると肌に良くないので、手のひらで広げて押し付けるように塗れば、皮膚を刺激せずに済む。

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket