Pocket

ある日鏡を見て「ギョッ!」なんか目の下に、イボみたいなブツブツが…!!

これって何なの!?どうしたら治るの~!?

初期ニキビに似てるけど、ディフェリンゲルで治るのかな?

 

実はこの目の下にできるブツブツには、大きく分けて二種類あります。

それぞれどんなものなのか?どんなふうにできるのか?

そしてそれぞれの対処法を紹介していきますね。

 

目の下のブツブツの正体と対処法

・稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)

これが一番ポピュラーなブツブツの正体ですね。

だいたい直径1~2mmのもので白い粒ののような膨らみが特徴です。

毛穴に古い角質がたまることでできてしまい、脂肪の塊とも言われています。

 

稗粒腫はニキビや吹き出物のように、炎症を起こすことはなく、数年するとポロッと取れてしまうものなので、そのあたりは心配しないでくださいね。

 

でも、やっぱり気になるから治したいですよね~

しかし稗粒腫は実質、体に害があるものではないので、皮膚科ではなかなか治療の対象とは見てもらえないことか多々…

 

ここで注意してもらいたいのが、「古い角質がたまってるだけなら、セルフケアで治せるんじゃない?」と、ピンセットなどで穴をあけることは絶対にしないでください!!

セルフケアだと細菌感染してしまう可能性があるので、ダメですよー!!

 

でも皮膚科で診てもらえないならどうしたらいいの?

 

稗粒腫は美容皮膚科で治療してもらえます。

その場合、針でついて中の脂肪を取るか、レーザーでの治療になりますね。

 

普段からの予防策としては、洗顔を丁寧に行う。ターンオーバーの乱れが原因なため、生活習慣を改める。

 

そして、ヨクイニンエキスの入った化粧品や、ハト麦茶の飲用、ヨクイニンの粉末などが、稗粒腫には効くと言われています。

・汗管腫(かんかんしゅ)

汗管腫は汗を出す汗管が増えてしまったもので、皮膚と同じ色か、褐色をした小型の発疹です。

直径は1~5mm程度で、特に女性に多く見られるものです。

目の下以外にも、まぶた、デコルテなどにもできてしまうのが特徴。

 

悪性のものではないので、放置していても問題はありませんが、残念ながら自然に治ることはほぼないとされています。

 

治療法としては、美容皮膚科でのレーザー治療。

レーザーには二種類あり、炭酸ガスレーザーと、高周波治療のふたつとなります。

どちらを選択するかは、お医者さんに直接相談するのが一番です。

ちなみに、高周波治療の方が高いですが、短期間で治療ができるとのことです。

 

そしてもうひとつが、塗り薬によるもの。

 

「ディフェリンゲル」と「レチノイン酸」のふたつです。

どちらもニキビ治療の代名詞として知られていますが、汗管腫にも効果があるとされます。

 

両方とも、完治するのは難しいとされていますが、悪化を防いだり、新たにできる汗管腫を抑制する働きがあるとされています。

 

このふたつは必ず医療機関で処方してもらうようにしましょう。

インターネットでの購入などは、粗悪品が混じっていることが多いため、避けるようにして下さいね。

 

予防策としては、こちらもハト麦茶の飲用、ヨクイニンの粉末、ハト麦エキスの入った化粧品。

そして、スクワランなど、人の脂に近いオイルで保湿をしてあげることが効果的です。

 

汗管腫に効果あり

結論として、目の下やデコルテにできるブツブツで、ディフェリンゲルが効果的なのは

「汗管腫」とされています。

 

注意点としては、ディフェリンゲルは基本的に「目の周りの皮膚への使用」は控えるように記載されているため、使用する際は、皮膚科の先生にきちんと相談し、つける場合も目に入らないように気をつけてください。

もし入ってしまった場合は、こすらないで、ぬるま湯で優しく洗ってあげるようにして下さい。

どうしても睡眠中など、無意識に目を掻いてしまう恐れがあるときは、絆創膏をふんわりつけてあげると良いですよ。

 

まとめ

  1. 目の下にできるブツブツとしたイボのようなものは、それぞれ「稗粒腫」と「汗管腫」の二種である可能性が高いです。
  2. どちらも悪性ではないので、放置していても、身体に害はありませんが、気になる場合は皮膚科、または美容皮膚科に相談しましょう。
  3. ディフェリンゲルが効果的とされるのは「汗管腫」です。
  4. 汗管腫にディフェリンゲルを使用する際は、目に入らないように気をつけましょう。
  5. 双方予防として効果があるのは、ハト麦茶・ヨクイニン粉末。どちらも薬局で廉価で購入することができます。

 

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket