Pocket

鏡を見て、「あ…またニキビ」と思い、気分がズーンと落ち込んでしまう気持ち、私だけではないはず。

とくに「白ニキビ」は「ニキビの初期段階」と言われるだけあって、ちょっとした寝不足や季節の変化で頻繁にできてしまいますよね。

ディフェリンゲル 白ニキビ

 

ニキビに悩まされていない人にとっては「青春のシンボル」なんて言われますが、ニキビに悩まされてうつ病になってしまう方だっているんです!

実際私は、思春期から20代前半まで、ずっとニキビに苦しめられていました。

 

そんな私から、少しでも同じ悩みに苦しむあなたへ、「白ニキビ」とニキビ薬の王道ともいえる塗り薬「ディフェリンゲル」の関係性についてお教えしちゃおうと思います!

まず「白ニキビ」ってなに?

ディフェリンゲル 白ニキビ

白ニキビとは、初めに言ったように「ニキビの初期段階」の状態、いわばニキビの赤ちゃんですね。

毛穴がつまり、皮脂が詰まってしまっているので、触るとプツプツと凹凸を感じると思います。

この段階ではまだバイ菌にも感染していないので、皮膚と同じ色をしていますね。

 

ニキビのない友人から「痛みもないし、べつに気にしなくてもいいんじゃない?」なーんて言われましたが、そんなのイヤ!!おでこや顎にプツプツとできる白ニキビを見た日には「なんか不潔な印象…人から『この人、顔とか洗ってないのかな?布団とかも不衛生っぽい…』と思われているんじゃないかと邪推してしまうくらい落ち込んじゃいますよ!!

 

かといってニキビを潰すのは、雑菌が入り、ますます悪化してしまうので絶対にやっちゃだめですよ!!

最悪の場合、「クレーター」と言って肌にボコボコとした痕が残ってしまう恐れもあるので、気を付けましょう。

白ニキビは、ニキビの赤ちゃんです。きちんと処置をすれば痕も残らずきれいになおりますので、安心してくださいね。

 

皮膚科で渡された「ディフェリンゲル」

「たかがニキビで皮膚科へ行くの?」

そんなことを言われたこともありました。えぇ行きますよ、ニキビだって立派な皮膚の病気です。ニキビに悩まなくなるならどこにだって行きますよ!!

 

さて、実際皮膚科の先生に診てもらったところ、早い早い、ものの10秒で診察は終わってしまいました。

「塗り薬をお出ししますので、そちらを入浴後に患部に塗ってくださいね。初めの2週間くらいは肌が炎症したり、皮膚がポロポロ乾燥するかもしれませんが、そのうち慣れます」というちょっとざっくりした説明を受けて終了。

 

期待半分不安半分で、さっそくその夜からお風呂のあとにディフェリンゲルの使用開始。

使い方はいたって簡単。化粧水をたっぷりつけたあと、ディフェリンゲルを気になるところにぬりぬりするだけ。

ディフェリンゲルは半透明の無臭のゲルで、私ははじめのころはつけた瞬間「ピリッ」っとした感覚がありました。

これで良くなればいいんだけど…そんな期待と不安を抱いたままその日は就寝。

 

これが噂の副作用

ディフェリンゲル 白ニキビ

生来肌が弱かった私には来てしまいました、副作用‼

まぁ、先生からの言葉があったので慌てたりはせず「あら来たのね」程度でしたので、皆さんもそんなに構えなくても大丈夫ですよ。

 

私の場合、肌の柔らかい、口周りや目の下あたりの乾燥が主な副作用でした。

朝も「ファウンデーションのノリがちょっと悪い?」という違和感から、夕方近くになると口周りのファウンデーションがポロポロ落ちてしまい、ちょっと情けない感じに…

ディフェリンゲルは、お化粧との相性はそんなによろしくないようですね。

しかし、これでニキビとサヨナラできるなら我慢してやる!とマスクをつけて乗り切りました。

すると、10日ほど経つとファウンデーションがポロポロ落ちることもなくなり、副作用も落ち着いてきました。

 

ニキビへの効果は副作用もあっただけあり、白ニキビがずいぶん小さくなりました。

私はこの後も定期的に皮膚科へかよい、ディフェリンゲルを1年程処方してもらいましたが、もうそれ以降、副作用が出たことは一度もありません。

もちろん、白ニキビの出没回数もだいぶ減りました。しかしなかなか完全にはなくならず、その旨を皮膚科の先生に相談したところ、

「ディフェリンゲルはあくまでできてしまった白ニキビへの対処。ニキビの予防には適していないのです。ニキビができるのはターンオーバーの乱れからくるものです。生活習慣を改め、食生活を見直すのが一番の予防です」

 

まとめ

  1. 白ニキビとは、ニキビの初期段階。この段階で治せば痕になる心配はありません。
  2. ディフェリンゲルは白ニキビに効果がある塗り薬ですが、初めの約2週間ほどは副作用として、赤みや乾燥がでる場合があります。
  3. ディフェリンゲルはできてしまった白ニキビへ効果があり、予防には適さないようです。

 

これが私の体験した白ニキビに対するディフェリンゲルの効果と副作用です!

少しでもあなたのお役に立てれば幸いです!!

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket