Pocket

前回の記事で、ニキビを予防し、肌を育てることの重要性について説明しました。

実際に、今あるニキビも昔からあるニキビ跡も、
予防に力を入れれば“2ヶ月”でキメの細かい肌を手に入れることができます。

ニキビは予防以外では解決しない!肌が荒れるだけの対処療法はNG

なぜ、ニキビを予防し、肌を育てることが重要なのか?

実は、肌の悩みを引き起こす原因を特定することは、専門家であっても非常に難しいのが現実です。

原因となっている可能性を一つ一つ検証するだけで、ものすごい労力と時間とお金がかかります。そんな治療を個人で続けることは、アラブの石油王でもなければ難しいでしょう。

ニキビの原因は生活習慣からくるものもあれば、食べ物が影響していることもあるし、仕事のストレスかもしれないし、ホルモンバランスの乱れや生理不順から来てるかもしれない。元々できやすい体質の人もいることでしょう。アレルギーかもしれません。

私は皮膚科に行ってもニキビが治らなかったので、たくさん肌について勉強しました。そして唯一わかったことは、「すべての人に通用する治療方法は無い」ってことだけでした。
皮膚科で治療して、ニキビが悪化したなら、あなたの肌には合わなかったということでしょう。

 

しかし、何をやっても治らなかった私が唯一“治る方法”も知りました。

それが、お肌が本来持っている“みずから美しく、キメの細かい肌になる力”です。

この力は人間なら誰でも持っています。
生まれつき肌の汚い赤ちゃんなんていませんよね。

もしあなたの肌がずっと汚いままで、人の目を気にして厚化粧をしてきたなら、
きっと毎日のスキンケアを間違えているんですよ。
予防に力を入れれば、肌は自分の力で自然と卵のようにつるつる肌になります。

 

ニキビは予防以外では解決しない。肌が荒れるだけの対処療法はNG。

皮膚科に行けばディフェリンゲル(ベピオゲル)を処方されます。

もっともメジャーな薬だし、医者としては薬を出すだけだから、診察が簡単です。患者さんの体質とか生活習慣まで聞いて、薬の種類を考えてくれる医者はあまりに少ないです。

皮膚科医は、「副作用がでるけど使い続ければ治るから、頑張って続けようね。」と言うでしょう。実際に、相性が良ければディフェリンゲルでニキビが治る人はいるでしょう。副作用の苦しみまでは教えてくれません。

人前でも皮がボロボロとめくれたり、
顔中に赤い口紅を塗りたくったように肌が赤くなったり、
肌がヒリヒリして洗顔や化粧水がめっちゃしみるようになり、風がかすれるだけで、肌が痛い。
そんな副作用を2週間~1ヶ月以上も我慢し、治療の効果が出るのは3ヶ月後です。

私は一度は必死で我慢をし、6ヶ月間治療を続けたことがありました。
重症なニキビも半分くらいになり、かなりマシになりました。
何をやっても治らなかったので、半分に減っただけでも嬉しかったのをよく覚えています。

繰り返しニキビで悩む人ほど、必要なこと

だけど、一度やめると再びニキビがぶり返し、元の肌に戻りました。

私はニキビのできやすい体質でしたからね。

そして、もう一度ディフェリンゲルを塗り始めたのですが、また一から副作用を我慢し、6ヶ月間も使い続けることを考えると完全に心が折れてしまいました。

さすがにあの苦しみをまた経験したいとは思えなかったのです。
ニキビを治すための治療なのに、逆にストレスでニキビが悪化しました。(泣)

他の治療法も探しましたがどれも根本的な解決には至りませんでした。

薬局で売ってる市販薬や美容外科のピーリング、ネット上で有名な化粧品。

どれも今あるニキビに対処するだけで、すぐに元に戻っていました。「この治療法が良いよ」と言われても、結果はディフェリンゲルと対して変わらなかった。

今なら分かるけど、予防以外の治療法はその場しのぎなだけで、昔から繰り返しでき続けるニキビ肌を持っている人には、将来性がなかった。
ニキビが繰り返しでき続ける人ほど、予防という考え方が大切です。

ニキビを予防し、肌を育てることが一番重要である。

結局のところ、予防に力を入れれば、人生を楽しむことができる。
自分の顔に自信が持てるし、話し相手の目線が気にならない。

なぜなら、新しいニキビもできないし、デコボコとしたニキビ跡も肌が本来持っている再生力できれいに生まれ変わる。

こうなったらもう、鬼に金棒で、今までがウソのように肌の悩が無くなります。
友だちと食事に行くのも楽しいし、人の目が気になって隠すように付けていたマスクもいらない!
すっぴんで町中を歩けるほど肌がきれいだから、メイクをすればもっと美人になれる。

何より嬉しいのは、好きな人とキスするときも恥ずかしくない(笑)
近くで顔を見られても堂々としていられるよ^^

→ 無添加石鹸に出会って愛される幸せを知った

 

まとめ

予防に力を入れれば肌トラブルで悩むことはなくなるから、毎日が笑顔の楽しい人生が手に入ります。
是非とも実践してください。

次の記事で大切なことを語っているので、読んだ後にコメントをくれると嬉しいです。

  1. 私がどうして悪化した肌でもすっぴんに自信を持てたのか
  2. お肌が本来持つ力を引き出せば、2ヶ月でニキビは治せます
  3. 【衝撃】対処療法はNG!予防治療で完治できる (今ここ)
  4. 無添加石鹸に出会って愛される幸せを知った
  5. 【重要】ニキビを予防し、キメの細かい肌を育ててますか?
  6. ノンエーなら愛される美肌って2週間で作れるんだ
  7. 全ての不安をぶっ飛ばすノンエーの全額返金保証に驚いた!
  8. 一生マスクを手放せない人生ってどんなに惨めだろう・・・

管理人プロフィール

田宮
田宮
このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 
Pocket