Pocket

皮膚科でニキビは治りましたか?
あなたにだけたった90日でニキビのできない肌の作り方を教えようと思うのですが…

 

初めまして、管理人の田宮です。

私の体験談に興味をもってくれてありがとう。

この記事を最後まで読めば、きっと皮膚科でも治らなかったニキビを治せるでしょう。

 

少し長いですが、
私が8年間も悩んだニキビをある人との出会いでたった90日で治し
後輩に教えたら6ヶ月ででスベスベの卵のような肌になった方法を正直に書きました

 

きっとあなたの助けになるでしょう。

ニキビで自殺を考えた

だ幼い16歳の夏。

自殺を考えました。

 

苦しくて、辛くて、

自分の顔が世界で一番醜いと思った。

 

 

ニキビを初めて見たとき、顔に何が起きているのか不思議だった。

小5の頃はできるたびにプチプチと潰していました。

一つ一つ潰すのが楽しかった記憶があります。

 

もちろん、その後の人生が絶望的に暗く、悲しいものになるなんて考えもしなかった。

 

中学で悪化しました

学生になる頃には潰すのをやめていました。

その頃にはもはや、取り返しのつかないことになっていたからです。

 

今までに潰してきたニキビが跡として残りました。

そして、新しいニキビが大量に増えていく。

その結果、私の肌は“ニキビという次元”をはるかに超えるドリアンのようなブツブツ肌になりました。

 

一番ひどかったのは右の頬。

鏡に映る自分の顔には、きれいな部分を探すほうが難しいほど。

おびただしい数のニキビに汚染されました。

 

高校生になって死にたいと思った

校生になれば治ると信じていました。

だって、『ニキビは思春期だけだから』って、大人はみんなそう言うから。

周りの言葉を信じていました。

 

しかし、私の顔は日々、悪化していきます。

高2の夏頃にはデコボコに磨きがかかってブラマヨの吉田さんみたいになった。

それからは、私のあだ名はドリアン吉田にされた…(泣)

 

 

ボコボコの顔面でも高校生になれば恋人ができると思ってた。

中学のときと比べて精神的に成長したと思ってたし、会話で楽しませて笑顔にできると思ったから(根拠はないけど)。

 

だけど、現実は残酷だった。

 

恋をしました

は当時、仲の良かった同級生に恋をしました。

初恋でした。

今でも忘れられないトラウマを与えてくれた青春の1ページです。

 

16歳の夏、思い切って告白してみたんです。

真夏の太陽がギラギラと輝いて眩しかった。

私のおでこは反射してテカリまくっていました。

 

だが、告白は失敗に終わりました。

ただ初恋の苦さはコーヒーとは比べ物にならない後味の悪さを残していきます。

 

ココロが粉々に砕け散ったあの日。

フラレた時に、今後の人生で一生忘れない言葉を言われたからです。

そのときが自分の顔に自信がもてなくなった瞬間です。

その言葉はこれです。

「ごめん。。。君は優しいけど顔がね・・・」。

私「。。。。顔…? ヽ(;゚д゚)ノ ビクッ!!」

 

「うん。ニキビがね。。。肌、キレイな人が好きなの…ゴメンネ^^」

私「・・・」

 

言葉が出なかった。

こんなにもストレートに顔を拒絶されたのは初めてだったから。

 

 

今まではずっと耐えてこられた。

ニキビのことでバカにされたり、からかわれて笑われても。。。。

それでも、笑いながら冗談で返し、気にしない素振りをしてた。

そうすることで自分の心を守っていたんだ。

 

だけど、この人は心の中では私のことを汚い人間だと思っていたんだね。

性格の“優しさ”とか、“誠実さ”といった内面の評価など眼中にない

顔が汚いだけで、恋愛対象にすらならない。

 

これが現実なんだと思ったら、言葉が出なかった。

心の底から死にたいと思った・・・。

 

すごく惨めだった

フラれて以来、友達とまともに話せなくなりました。

あの時の言葉が耳から離れないからだ。

 

そのせいで、自分の顔にドンドンと自信がもてなくなった。

今まで心の中では、「優しい方がモテる!」「一途な方がモテる!」と言って、自分に言い聞かせてきた。

 

だけど、もう無理なんだ。

あの日以来、相手の目を見て話すことが怖くなったんだ。。。

 

きれいな肌をしている友人を見ると、自分がすごく惨めに思えてくる。

見下されているような気がするんだ。。。

もしかしたら私の考えすぎで、被害妄想かもしれない。

だけど…頭では分かっていても……心が苦しいんだ…。。。。

 

無神経な母の言葉がココロに刺さる

このとき、最もつらかったのが母の言葉でした。

「うわぁ~すごい顔だね~。どうしてそんななっちゃったの~(笑)」

 

きっと悪気はなかったのでしょうね。

何気ない一言だったのだと思います。

ただの質問だったのだと思います。

だけど、母の言葉は私の心臓をグサッと刺しました。

 

この一件があってから母が嫌いです。

一番心の支えになって欲しい時に無神経な言葉を言われる。

これがどれほど人を傷つけるか考えたことありますか?

きっと多くの人は考えないのでしょうね。

悩んでいる人の気持ちは、悩んだ経験のある人にしか分からない

 

出会った日からずっと・・・

あれからもう、8年も苦しんでいます。

初めて出会った時からずっと。。。

 

頬からおでこ、ニキビのできるところは全て真っ赤になり、毎日、白い膿が生まれます。

いい加減に解放されたい!

だんだんと何も手につかなくなり、精神も不安定になってきました。

 

苦しい。。。

・・・死にたい

そう、思う毎日です。

 

私、皮膚科へ行くってよ

は全く減らないニキビと戦っていました。

毎月4万円以上も化粧品に使い続け、時間とお金だけがダラダラと減っていきました。

 

バイト代のほとんどをニキビ用品に使い果たす私を見かねて、母が皮膚科を紹介してくれました。

当時はよくCMで芸人の柳原可奈子さん言ってました。

「ニキビは皮膚科で治るよ♪」って。テレビ知ったのでしょうね。

 

 

私は「ニキビで皮膚科に行くなんて考えられない!」っと思った。

病院に行く以上は病気でなければならない。

だけど、ニキビを病気だと思ったことなんてないからです。

 

あくまで、思春期だけの生理症状かと思ってた。

けど、それで治るならどんな治療でもいいから耐えられる!

もしかしたら「私の顔にあるのはニキビではなく、何らかの皮膚病かも知れない!」っと疑っていたからだ。

 

 

市販の化粧品に30万円以上も使ったのにまったく治らない。

なぜ治らないのか? 分からない。

藁にもすがる思いだったからこそ、思い切って受診してみることにした。

 

そして、皮膚科へ行って最初に処方された塗り薬、それが、ディフェリンゲルとの出会いだった。

 

先生は予防が大切だと教えてくれた

30歳くらいの若い先生が治療する勇気をくれました。

難しい説明でも子供の私に分かるように説明してくれた。

 

ニキビを治すためのディフェリンゲルの効果や副作用など。

この塗り薬の効果は、

  • 毛穴を開いて皮脂の詰まりを抑える効果があるらしい。
  • 他にも新しいニキビが生まれるのを防ぐ役割があるとか。

詳しい説明をされて感動していたのを覚えています。

現代のニキビ治療はここまで進歩していたのかと。。。

 

今までバイト代の全てを使って治そうと必死だった。

それでも市販の化粧品ではまったく治らなかった。

だから、「病院でなら確実に治せる!」と思わせてくれた。

 

 

医者の言葉は私にとって勇気をくれる言葉でした。

これほど感動したのは、今まで誇大広告に騙されてきたのもあるでしょう。

  • 「1日で治ります!」
  • 「塗るだけで治ります!」
  • 「夜寝ている間に治ります!」

 

あぁ…もう聞き飽きたよ・・・

その話がホントなら、「10万払うからニキビのできない肌にしてくれ!

そう叫びたい。。。

 

 

だけど皮膚科の先生は言ってくれたのです。

「あなたはニキビのできやすい肌質なのでしょうね。

カミソリ負けもするようですし、ちょっとしたストレスでも翌日にはできてしまう。

そういう人はそもそもニキビのできにくい肌を作るしかないのです。」と先生。

 

私「ニキビのできにくい肌?」

先生「日頃から予防を心がけるということ」

 

ニキビは予防しなければならない!

出来てからでは遅い。

言われてみればその通りだと思った。

 

 

ディフェリンゲルには新しくできるニキビを予防してくれる。

塗り続けていれば肌の悩みが無くなるようだ。

 

ただし、3ヶ月以上は使わないと効果は出ない。

そして、副作用に「最初の1ヶ月は苦しい思いをするかも」と先生は言ってた。

 

私からしてみれば、3ヶ月で治るなら耐えられる!

 

今までニキビのせいで人生が狂ってきた。

自分の顔に自信がもてずに惨めな思いをしてきた。

そんな人生に比べれば副作用なんて大したことはない。

 

3ヶ月使えば治るならと思い、使ってみることにした。

 

副作用と戦い続けて3ヶ月・・・。

最初の一週間が一番つらかった。

 

最初に塗った日から2日後には異変が現れた(汗)

昼間からヒリヒリと肌の痛みが気になりだし、かさぶたのように顔の皮がボロボロとめくれてくる。。。

頬は絵の具で塗ったかのように真っ赤になった。

 

あまりの症状に皮膚科に駆け込んだ。

 

 

すると皮膚科の先生が言った。

「それがディフェリンゲルの副作用です。

あなたは反応しやすい肌質なのでしょうね。

大丈夫です。3ヶ月は続けてください。」

 

「最後の頼みである医者が言うのだから」と私は信じることにした。

今まで自分で洗顔を買っても効果が無かったから。

だから、医者を信じて頑張ってみようと思ったのです。

 

 

そして、使い始めて1ヶ月がたった。

副作用は随分と落ち着きました。

まだ少しヒリヒリするけど、赤みがあるくらいでしょうか。

 

ニキビは少し減った気がします。

というより、皮むけと一緒にむけてった感じです。

こういう薬なんでしょうね。

 

 

使い始めて3ヶ月がたった。

 

顔の半分ほどのニキビが減りました。

16歳の時は顔中を埋め尽くす勢いであった。

今は、そばかすみたいに控えめな数にまで激減!

 

完全に完治したわけじゃないけど、副作用に耐えた甲斐がありましたね♪

 

こんな感じ
ディフェリンゲル ビフォー・アフター

やっと開放された・・・。

続けていればニキビは完全に治るかも!

これで恋人も作れる。

 

そう思っていたんですが、、、

ディフェリンゲルをやめると再発しました。

 

ディフェリンゲルでも完治せずに絶望する

油断していました。

塗るのをやめると再発するなど知らなかった。

再びむくむくと増え続けるニキビに心配になり、皮膚科医に相談した。

 

『なぜですか!? 治ったんじゃないのですか?』焦る私に医者は信じられないセリフを言った。

 

 

こんなやり取りがありました。

「ディフェリンゲルを塗るのをやめたら肌が元に戻るんですがどーなってんですかっ!」と私。
(ちょっとキレ気味でしたw)

 

先生「田宮さん。ディフェリンゲルは塗り続けないとダメな薬なんです。

今の状態を維持するためにもずっと塗り続けるしかありません。」

 

私「・・・・エッΣ(゚д゚lll)、、、、」

 

言葉にならないとはこの事です。

私はてっきり3ヶ月でニキビは治ると思っていました。

そして、その効果は一生続くものだと思っていました。

 

だって、病院での治療と言えば手術のように、二度と同じ病気に苦しまないように処置してくれるもんだと思ってたから。

 

 

そばかすレベルなら自分の顔にまだ自信がもてる。

『もし一生消えなくても、顔中に赤いぶつぶつで埋め尽くされているより、ずっとマシ!』

そう思ってたから。。。

 

ダメだ・・・やめると再発してしまう。

これでは堂々巡りではないか・・・

もう諦めて一生、ニキビと付き合っていくしかないのか。。。

 

 

私は絶望しました。

もうある程度のニキビは受け入れて生きていくしかないのか。。。

できやすい肌質の人は諦めるしかないのか。。。

 

 

もう全てを諦めて一生の付き合いを覚悟しました。

 

「これ以上求めても私の肌はきれいにならない。

そういう肌質の元に生まれたんだよ。

そばかすくらいで済むなら、夏はマスクで顔を隠す必要はないかもよ」

 

そう自分の心に言い聞かせ、一生皮膚科に通うことを決心しました。

 

 

そんなある日のことでした。。。

私は一人の先輩と再会します。

その後の人生を大きく変える出会いになりました。

 

顔面火山と呼ばれていた先輩に再会する

高校の先輩後輩で集まったときのこと。

ひどいあだ名で呼ばれていた先輩に再会しました。

 

顔面火山。

影でそう呼ばれていた先輩がいる。

私から見てもひどいニキビ顔だった。

 

当時、科学部だった私は先輩に心が救われた。

「自分よりもひどいニキビ顔の人がいる」。

そう思うとなぜか安心できたからだ。

 

今思うと最低の話だよね。

ごめん先輩。。。

 

それにしても、あだ名もひどい。

大阪という土地柄なのか、特に悪気なく、顔面火山と名付けられた。

 

名前の由来は、赤いニキビが小さな火山のように見えて、デコボコしているから。

白や黄色の膿が毎日出てるからそう呼ばれたらしい。

人の顔にこんなあだ名をつけるなんてひどい話だ!…(汗)

 

 

そんな先輩に2年ぶりに再会した。

そしたら、ビックリするほど美肌になってた!

えっ? 一体何があったんだ???Σ(゚д゚;)

 

私は先輩のニキビ顔を知っています。

それは、ニキビという次元を超えるほど。

ドリアン吉田と呼ばれている私よりもひどい顔だった。

 

はずなのに。。。

 

どうして卵のようなスベスベ肌になれたのか?

少し興奮気味で聞いてみることにしました。

 

なぜなら、先輩が答えを知っていると思ったから。

もしかしたら、彼の言葉に私の知りたい答えがあるかも知れない。

そう考えると興奮が抑えられませんでした。

 

私は今まで使った化粧品や皮膚科での治療。

ニキビを治すためにした努力の全てを正直に話しました。

 

そして先輩は私の顔をじっと見て何かを悟ったのか、ゆっくりと言葉を選びながら自分がニキビを治した方法を話してくれた。

 

先輩『俺たちでもできにくい肌になれるんだぜ!』

まず、必ず知っておいて欲しいことは、ニキビは予防するしかないってこと

 

市販の化粧品は俺もたくさん使った。

どれも目くそ鼻くそみたいなもので効果はなかったよ。

もしあるなら、肌に悩む人はいなくなるだろうね。

 

最後の希望にと皮膚科にも行った。

お前と同じでディフェリンゲルを処方されたよ。

 

だけど、お前と同じようにちょっとマシになるくらいで、根本的な解決には至らなかった。

やっぱり俺もディフェリンゲルをやめるとニキビが再発したからね。

 

失望したよ。

今度こそは!って思ったからさ。。。

どうしてもスベスベな肌が欲しかった。

 

だからまた、市販の化粧品を使うようになったよ。

毎月5万円以上もバイト代をつぎ込んで、1個1万円はするような美容液とかも買った。

どれも役には立たなかったけど。。。

 

そこで俺は有名な皮膚科医の本を読んでみることにしたんだ。

すると驚き事実が書かれていた。

「市販の化粧品は肌を悪化させる成分が入っている」と書いてあった。

 

添加物。防腐剤。界面活性剤。

今時の化粧品では当たり前のように入っている。

 

難しい理論は忘れたけど、納得できる内容だった。

そして、俺なりに考えて実践してきた答えがコレだ。

 

ニキビは予防するしかない!

 

世の中の嘘を信じたら一生解決なんてせぇへん。

市販は予防に力を入れてないし、皮膚科の治療は対処療法だから新しくできたニキビにだけ。

どちらも“予防”ができない

 

 

予防に力を入れて、新しいニキビができなくなれば悩むことはなくなる。

昔からあるニキビ跡も細胞の生まれ変わりで自然と無くなっていくからさ。

 

ニキビができたあとに対処してるだけでは、いつまでたってもイタチごっこやな。

これじゃぁ自分の顔に悩む人生は永遠に終わらへん!」

 

と関西弁で予防について熱く語られました。

 

 

予防といっても私はピンッっときませんでした。

というのも、ニキビができるのは自然現象だと信じていたから。

周りの大人もホルモンバランスが原因とか言ってるし。

 

「野菜が足らないのがいけない!」とか、「青汁を飲め!」だとか、「ストレスがたまる原因を無くせ!」とか、周りに相談してもどっかで聞いたことのある言葉ばかりでしたからね。

 

 

だけど先輩の言葉は違った。

 

「自然現象? 違うで。

確かに思春期の間はホルモンバランスの関係もあるかもしれない。

だけど、大人で頑固なニキビに悩んでいる人には他に原因があるはずだ。

 

肌トラブルの原因は人それぞれ違う。

だから、知り合いの誰かが『この化粧品良かったよ~』と言ったものはほぼ役に立たない。

 

俺たちのように“できやすい肌質”の人は、“できにくい肌質”を作るしかない。

それが“予防する”という考え方だ。」

 

 

私「でも、皮膚科にも行ったし、ブランドの高級化粧品だっていっぱい試した。

それでも治らないんですけど……(汗)」

 

 

すると更に先輩は私に同情するように言いました。

 

「市販の化粧品なんてのはどれも目くそ鼻くそだ!

なんの効果もないようなものばっかりやで。

逆に肌が悪化するものだってあるくらい。

そんな商品ばかり溢れかえっているのには理由がある。

 

今の時代、化粧品は売れやすい。

肌トラブルを抱えている人が増えたからね。

まぁ肌に悪い洗顔や化粧水のせいで増えたんだけど…

 

だから、今まで一度も作ったことのない企業までもが“儲かる”という理由で参入してる。

 

多くの企業は消費者の悩みにつけ込んでる。

『塗るだけで治るよ~』とか言って金儲けしたいだけ。

 

今までに塗るだけで治ったことがあるか?

俺はないな。

 

あんなのは詐欺と変わらない。

 

しかも、できやすい肌質の人は根本的に解決しない限り、お金と時間を無駄にするだけ。

できるたびに高級化粧品を買ってるんじゃ税金のように徴収されるだけだ。

 

 

それに、成分を見るとひどい!

みんな同じ! どれ買っても一緒。

何一つ効果がないどころか、肌にとって害のあるものが多く含まれている。

 

だから、今時の若い女性の肌は昔の人に比べて荒れてる。

市販の化粧品を使えば使うほどボロボロになっている現実をみんな知らないんだね。

かわいそうに。。。

 

皮膚科での治療にしたってそうさ。

できてから対処するだけ。

しかも、一生塗らないといけない。

 

だけど、できやすい人は対処療法だと困るわけ

だって、できない肌が欲しいのに、できてから塗るだけの薬では、根本的な悩みが解決されたわけじゃない。」

 

 

…たっ確かにΣ(゚д゚lll)

 

 

言われてみれば納得する言葉でした。

【美容の嘘】に振り回されて本当に必要なことをできていなかった。

だけど、予防と言われても何から手をつけていいかもわからない。

ので、先輩に素直に聞いてみた。

 

「市販の化粧品も皮膚科も予防には効果がないとしたら、オススメってあるんですか?」と私。

 

先輩「あるよ。

後で俺がマジで衝撃を受けた洗顔を教えたるわ。

真剣に悩んでんやったら、騙されたと思って買ってみ。

 

予防に力を入れている石鹸だから、ディフェリンゲルのように副作用がない。

なにより、無添加だから赤ちゃんが使っても安心できる。

特に良かったのは敏感肌な俺も安心して使い続けてられるところやな。」

 

と言われて、
おすすめの洗顔石鹸を教えてもらった。

 

 

私にとって、これが最後の戦いである。

先輩に教わったスキンケアでダメなら諦めよう!

そう覚悟してスマホを手に取り、その場で購入しました。

 

先輩直伝のスキンケアで最後の勝負!

これが最後の勝負!

私よりひどい顔面火山と呼ばれた先輩が治った方法ですら治らないなら、自分のニキビはもう諦めるしかないのだろう。

 

もう他に選択肢はない。

市販の洗顔は30万円以上も使って試してきた。

皮膚科にも半年以上通ったけど効果は薄かった。

 

だけど、先輩のツルツルな美肌を直接見しまった。

これ以上の説得力はない!

 

 

今まで一つ1万円もするような高い洗顔や化粧水をたくさん試してきたけど、どれも効果がなかった。

おかげでどの化粧品メーカーも信用できなくなっていた。

 

この石鹸に最初に驚いたのは、コスパの良さ。

他のチューブ式洗顔なんて1ヶ月でなくなる。

ネット上で有名なトライアルセットは1000円以下とかで販売してるけど、一週間分しか入ってない。

しかも、使い切って1ヶ月分のサイズを買おうとしたら3000円以上もする。

 

1000円じゃなかったの?

化粧水も一緒に買ったら6000千円以上も毎月払った。

保湿クリームも含めると1万円近くにはなった。

 

足元見すぎやろ!

でも、それで治るならと思って、昔は買ってた。

もしこの石鹸に出会わなかったら、今だに損してると思う。

 

 

この石鹸は普通に使うと3~4ヶ月も持つ。

1日単位で換算したら、30円くらいになるのだろうか。

なんて良心的なんだ!

 

しかも驚いたことに効果が無かったら支払った全額を返金してくれる

この販売会社よほどの自信があるんだな。

『他の化粧品会社も見習えよ!』と真剣に思った。

 

 

それから商品が届き、使い始めて3日後の朝

あれだけひどかったおでこのテカリが朝になっても出ていない。

「あれ?どうしたの?」

これが最初の驚きである。

 

 

1週間後。

…少しマシになった気がする。

気のせいかな?

でも、一番気になってたテカリがほぼ無くなったな。

 

 

1ヶ月後。

「おぉ!ディフェリンゲルを使ったときのそばかす状態にたどり着いた!

皮膚科に通うのをやめてからニキビが元に戻ってたけど、こんなに効果あるんだ!」

とめっちゃ感動した。

 

そして、あっという間に3ヶ月がたった。

ちょうど、一個の石鹸を使い切るときだ。

無くなるまでは先輩を信じて使おうと思ってた。

 

1個の石鹸を3ヶ月間使い続けた結果は?

結果、先輩のアドバイスは大成功でした^^♪

使い始めて3ヶ月で私の肌は、見る見ると新しいニキビができなくなりました。

 

ニキビ専用の無添加の石鹸ってすごい!

金儲けのために量産された化粧品とは全然違う。

余計なものが入ってないから、赤ちゃんでも安心して使える安全な石鹸はいいよね。

 

 

しかも、この石鹸は簡単に使えるところがすごい!

1日1回お風呂のときに30秒だけ泡で包み込むように洗顔するだけ。

ふわふわの泡は今だけ限定で付いている泡立てネットで簡単に作れる。

 

ちょうど、こんな感じの泡が片手で簡単に作れる。
ノンエー 泡

後はサッとシャワーで洗い流せばきれいに流れます。

仕上がりは肌がサラサラとしています。

テカリ肌で悩んでいた人には是非とも体験して欲しいですね。

 

 

肌の細胞が生まれ変わるには3ヶ月はかかる。

使い慣れていない石鹸で90日間も継続して習慣にするのって大変。

でも、これだけ簡単に泡が作れるなら、誰でも使えるね^^

 

だけど残念なこともあるんだよね。

昔からあるニキビ跡は3ヶ月では消えそうにない。

ここが唯一のデメリットとも言える。

 

 

「なぜ消えないんですか?」

この点について先輩に相談したら、こう言ってました。

 

 

「この洗顔石鹸は、予防に力を入れいている。

だから、新しいニキビはできなくなる。

でも、ニキビ跡に全く効果が無い訳じゃない。

 

肌の再生を促す成分もちゃんと入ってる

病院がやけどの患者に使うリピジュアが肌の再生に役立つよ。

 

でもね、人間の体は細胞が新しく生まれ変わるようになってる。

無理して消そうとすると肌に悪い化粧品に騙される。

ニキビ跡は、健康な肌が再生すれば自然となくなるから。

 

CMの化粧品やネットの誇大広告ばかりのぼったくり化粧品では、一瞬でニキビ跡が消えると書いてる。

けど、健康な肌は内側からしか生まれ変わらない

塗るのをやめるとすぐに元通りだ。

 

だから、よくある化粧品を使っても効果無かったろ?

 

ああいうのは、ディフェリンゲルみたいに皮膚を無理やり剥がしたり、

絵の具みたいに色付けして目立たなくしてるだけ。

 

毛穴に塗った時だけ治ったように見えるのも、毛穴にセメントを流し込んでいるようなもの。

肌が治ったように見えて、実は荒れている。

健康な肌は内側からしか生まれない。

 

 

だから甘い言葉ばかり言う企業には騙されんなよ。

女性は化粧品を使えば使うほど、素肌美人になってモテると思ってる。

でも、冷静に考えたら、きれいな肌は内側からしか生まれない

 

ニキビはできる前に予防するのが一番大事!」

とのことでした。

 

 

言われてみればその通りですよね。

人間の体は原始人の頃から一緒ですし、100年前と比べても肌が特別変化しているわけじゃない。

 

昔から、皮膚は約28日周期で生まれ変わってる。

顔全体の皮膚が新しい細胞に生まれ変わるのに約3ヶ月はかかる。

だから、皮膚科での治療も3ヶ月は必要なんだね。

 

 

ニキビが治った今だから分かるけど、当時は無知でした。

だから、言われるがままにその言葉を信じました。

だって、実際に最初の1ヶ月目でニキビができない肌になったから。

 

先輩がよく言っていた言葉があります。

余計なことをするから肌が汚くなる

 

 

この言葉を聞いてからは皮膚学に興味が出て勉強するようになった。

今では3社の企業の製品開発を手伝うようになり、

できやすい肌の人が安心して使える化粧品の情報をシェアするためにブログをやってる。

 

 

先輩には感謝しかありません。

出会えてなかったら今だに、人と目を見て話すのが恥ずかしいと思って生きてるのでしょうね。

ありがとうございます^^♪

 

追記:そして、1年間使用し続けました。

今ではこれだけ肌がキレイになりました。

あれ以来、ほとんどニキビはできていません。

1年後の写真 キレイになった

 

今までの人生が嘘のように明るくなりました。

自分の顔に自信がもてるようになり、初めて恋人ができた。

一番嬉しかったのは、人前で堂々としていられること。

 

1年前の私は、顔を見られたくない気持ちから、いつも下ばかり向いて、人と目を合わせられませんでした。

ニキビが無い人生はこんなにも幸せな気持ちでいれるんですね♪

 

 

最近では私の知識を頼って、友だちの女の子に肌トラブルで相談されるようにもなりました。

その子も頑固なニキビ肌で8年間悩んだそうです。

今度は私が治した方法を教えてあげました。

 

後輩のマスク女子に出会った。

私の肌がきれいになって1年後。

昔を知る後輩の友だちと出会った。

すごく久しぶりで懐かしい♪

 

しかし、後輩の元気がない。。。

「どうしたの?」と私。

後輩「…いや、、まぁ。。。」

 

私の顔をジロジロ見ながら目を合わせようとしない。

もう季節も蒸し暑い夏なのにマスクをしてる。

何に悩んでいるか薄々わかっていながら、聞いてみた。

 

私「暑いやろ?マスク外したら?」

 

ドキッっとした目をしながら、すぐに目線をそらされた。

その後、恐る恐るマスクを外していきました。

 

私は友だちの顔を見て、「やっぱり」と思いました。

夏でもマスクをしてる人は顔で悩んでいる人が多い。

何より、昔はもっと明るいやつで人付き合いもちゃんと出来ていたからだ。

 

後輩が真剣な表情で聞いてきた。

「どうして先輩はそんなにきれいになれたんですか?(肌のこと)」

 

まるで“デジャブだなw”と思いました。

私が1年前に先輩に聞いた質問とまったく同じ言葉だったからです。

思わず笑いそうになったのをよく覚えています。

 

後輩にも高校生の頃はそれなりにニキビがあった。

といっても私の半分もないほど。

こういった子は年齢とともに治ることが多い。

 

だけど、後輩は増えた。

まずは話を聞くべきだと考え、ゆっくりと聞いてみた。

 

これが会話の内容です。

=============

ニキビ自体は小学4年生の頃からできた。

18となった今でも顔からすべてが消えたことは一度もない。

 

去年の4月からレジ打ちのバイトを始めた。

が、冬に風邪予防のためにマスクをつけ始めてから、マスクを外せなくなったそうな。

もう夏の9月なのにマスクを外せない。

 

ニキビが凄い勢いで増え始めたから。

肌が荒れるのがわかっていても、やめられない。

外出するときはいつもマスクで行くから、帰ってきて外すと顔全体が真っ赤になっており、日に日に悪化していきます。

たぶんマスクで肌が刺激されるのが原因だと思います。

 

分かっていても、もうやめられない。

今の肌をバイト先の同僚やお客さんに見られるのがすごく怖い。。。

何だか最近、周りの視線や悪口が聞こえるようになりました。(泣)

 

にきび顔…もう疲れました。

暑いし、蒸れて気持ち悪いし、何とかしてマスクを外したいのに、外せなくて、、、

それが精神的なストレスにもなってまたニキビが増えるんです!

 

もう18歳なのに、顔中がニキビだらけになりました。

おでこから始まって、鼻から頬へと広がっていき、顔を埋め尽くす勢いで増えました。

 

素顔を見られるのが怖い。。。

見られるくらいならバイトを辞めたい…。。。

と思うくらいにマスクを外すのが怖い。

 

素顔で人と話すことができません。

マスクを外すのがだんだん恥ずかしくなり、人前では食事もできません。

いつも下ばかり向いて生きてます。

 

周りの目が顔のニキビを見てくることがつらいんです。

化粧をすれば大丈夫かな?って思ったけど、更に悪化するのでできませんでした。。。

 

プロアクティブ使ってもダメで、ビフナイトもダメでした。

皮膚科に行っても、美容外科でピーリングしても、何をしても全て無駄でした。

 

どうすればいいのでしょうか?

 

本当につらいんです・・・。

何度も自殺しようと思いましたが、心の弱い私には無理でした。

 

どんな洗顔や化粧水を使っても治らないんです!

私は何か悪いことをしたんですか?

=============

最後はかなり感情的になって泣きながら言われました。

 

 

10歳の頃から悩んでいたなんて、、、苦しかったろうな。

その気持ち、すごく良くわかります。

女性は自分の顔に自信を無くすと自分の全てを否定するようになってしまう。

 

私も自分の顔に8年以上も自信をもてず、自分のすべてが嫌いになりました。

死にたいとさえ思いました。

 

ここまで悩んでいる後輩のためならと思い、私がニキビを治した方法を教えてあげました。

 

3ヶ月で治す方法を教えてあげた

どうやら後輩は仕事のストレスが一番大きいようだ。

昔から不規則な生活をしたり、イライラしたりすると翌日にはできる肌質らしい。

 

ストレスで半年もたたずニキビだらけになったと嘆いていた。

おかげで夏でもマスク生活を強いられるのが辛いと。

 

でも、いきなり仕事や日常生活を突然変えるのは難しいだろう。

だから、できやすい肌は“予防”に力を入れるしかない。

できにくい肌を作れば、ストレスがあってもマシになる。

 

 

できにくい肌を先に作ってしまえば後の問題は一つ一つクリアしていけば必ず解決する。

ストレスが原因なら、カラオケで大声で歌ったり、運動してみたりしてもいい。

栄養の問題なら青汁を飲んでみるといい。

 

 

完璧な解決策なんてない。

ニキビはいきなり全てを一度に解決しようとするから失敗する。

気持ちは分かるけど、まずは新しいニキビができない肌を作ろう。

 

一つ一つ丁寧に解決していくのが素肌美人になる一番の近道やで^^

っと後輩に教えて、予防に力を入れたスキンケアセットを教えた。

 

 

そして、3ヶ月後。

私のアドバイスは大正解だったようです。

新しいニキビはほぼできなくなり、頬のニキビも半分以下に!

後輩女性 ニキビが半分以下になった

後輩は泣いてましたね。

本当に嬉しかったみたいです。

「こんなにもきれいな肌は中学生ぶり」だと言ってました。

 

 

そりゃー嬉しいよね^^

私も10年ぶりにニキビの無い肌を鏡で見たときは飛び上がるほど嬉しかった。

 

 

ただ、彼女の肌は完治にまだ時間がかかる。

ストレスの原因を無くさないとダメだし、生活習慣を規則正しくする。

肌はニキビ用石鹸で“できにくい”だけで、できないわけじゃないから。

 

それでも、洗顔だけでできにくい肌質になれるなら、他の問題は時間をかけて少しづつ解決していけばいいと思う。

 

追記:1年後に再開した時に写真を撮らせてもらいました。

あれから9ヶ月ビックリするほどにきれいになっていました。

今では人生で初めて出来た彼氏ととっても幸せなようです。

ノンエー 使用 1年後

もっと早く知りたかったと後輩に言われましたw

「学生時代に知っていれば、青春はもっと楽しかった」と言ってました。

でも治った今では、過去よりも今が一番幸せなんだってさ♪

 

よかったね^^♪(。・ ω<)ゞてへ

 

ニキビの症状が違う人でも簡単に使える

ニキビの症状は一人一人違います。

合わない化粧品は肌を悪化させます。

だからこそ、安心して使える洗顔が何より大事!

 

私が使ったのは石鹸だから、子供でも簡単に使える。

それに無添加で防腐剤も一切入っていないから、赤ちゃんにも安心して使える。

市販の化粧品で肌が荒れたときとは違い、今だに信頼して使い続けています。

 

 

何より一番嬉しかったのは、ニキビを予防できたこと。

できやすい肌の私や後輩にとっては、できてから治療しては遅いすぎる。

できてからでは手遅れなのだ。

 

後輩には女の子だからこその悩みもある。

  • 肌がデコボコしてると、メイクが上手くできない。とか、
  • テカリがひどくてファンデのノリが悪い。とか、
  • 彼氏の家にお泊りして、すっぴんを見られたら嫌われる。とか、

女性の方が素肌の悩みは多い。

 

女は自分の肌に自信がもてないと絶対に幸せになれない!

自信のない女は下ばかり向いて生きてるし、相手と目を見て話せない。

何より、夏でもマスクをしてる女を好きになる男性はいない!

 

結果、男から女性として見られなくなる。

誰からも見向きもされないから、マイナス思考で性格が根暗な顔面が汚いだけのモテないブス女になる。

これでは、一生一人で孤独に生きていくしかない。

 

 

だけど、素肌に自信がある女性の人生は全く違う。

自信のある女性は男性から見ればめっちゃ魅力的に見える。

男は心にゆとりがある女性に“癒し”を求めるからだ。

 

自分に自信がない女は男に依存するようになる。

男に自分の存在価値を求めてしまうから、幸せになれない。

そういう女性は、ボロ雑巾のように使われるだけ使われて、ヤリ捨てされてる。

 

 

自分の顔に自信がない女は、身も心もボロボロになっていく。

男にきれいと褒められたくて、口説かれたくて、厚化粧をし続けた結果、どんどん素肌がボロボロになってブサイクになってる女性が身近にいる。

なんだか、悲しいですね…。。。

 

 

いい加減、こんな悲しい人生は終わりにしませんか?

 

 

素肌に自信のある女性の人生はめっちゃ明るいですよ^^

自分から何をしなくても男が群がってきてモテモテになるし、

友だちからは「○○ちゃんってすごく肌がきれいなだねぇ~羨ましい♪」っと憧れの眼差しで見られることになる。

今までとは大違いに!

 

 

私は10年以上も肌に自信をもてない人生だった。

そのせいで、友だちがすごく妬ましかったし、

ニキビのない肌で簡単に恋人を作る人が許せなかった。。。

 

こんな人生を送ってきた私でも、鏡に映る自分の顔が卵のようにスベスベになったら、それだけで、心が明るくなって前向きになれた。

 

 

だからこそ、予防できる洗顔は大事なの♪

  • 新しいニキビができない。
  • 肌の再生が早くなって、ニキビ跡が無くなる。

 

この二つが揃っている石けんがあれば、自分の顔に自信を持てるスベスベ美人になるのは時間の問題です。

 

 

最後に、私がニキビを完治できた洗顔を紹介しておきます。

自分で使って効果があるものしか紹介してないので、あなたの悩みも解決できるでしょう。

 

この石鹸は約20万人のニキビ肌を治した

テレビではヒルナンデスのおぐねーが紹介してました。

 

7万人の肌を調べて作ったニキビ専用石鹸はコチラから

 

皮膚科でも治らなかったなら試してください。

今だけ限定で全額返金保証が付いています。

もし肌に合わなくても1週間以内に対応してくれるでしょう。

 

洗顔石けんは芸能人が多く愛用している会社が作りました
ヒルナンデスのおぐねーがテレビで紹介して、口コミで広がった。。

 

追伸:綾瀬はるかが美肌な理由

あなたの人生に特別な美容機器やエステはいらない。

毎日のお風呂でたった一回洗顔すればいい。

乾燥する前に保湿剤を優しくなでるように伸ばすだけでいい。

 

素肌美人に特別なものなんていらない。

綾瀬はるかや堀北真希、桐谷美玲…。

素肌がきれいな女優さんほど特別なことはしていない。

 

 

よくテレビで「何かしてるの?」と肌がスベスベな秘訣を聞かれても、女優たちは「特別なことは何もしてないです~^^」っと答えます。

だけど、これは事実なんですよ。

 

 

私はニキビを克服した日から皮膚学の勉強をしてきました。

同じように苦しんでいる人がいるなら救いたいと思ったからです。

そして、今は大阪で美容コンサルタントとして仕事をしています。

 

だからこそ、肌について知るほど予防ケアが大事だと分かりました。

  • ニキビや吹き出もの。
  • 肌荒れ。
  • 体調不良。
  • 目の下のクマ。
  • シワ・たるみ。
  • しみ・くすみ。

 

美容の問題は“できて”からでは遅い!

できないようにケアするのが一番大切です。

 

 

私は自分が使って効果のあった化粧品しか紹介しません。

そもそも、あれこれと使う必要はないからです。

今の自分の症状に合わせて必要なものだけを使用すればいいのですよ^^

 

 

洗顔も保湿剤も“肌に合わない”って絶対にある。

どれだけたくさんの人の悩みを解決した有名な石けんでも、合わないなら使うのを辞めたるべき。

 

合うか、合わないか。

使ってみればわかる。

 

 

この石鹸はきっとあなた悩みを解決してくれる。

私は使うことで自分の顔に自信がもてるようになって人生が変わった。

後輩には人生で初めての彼氏ができた^^♪

 

本気で悩んでいるなら騙されたと思って試して欲しい。

必ず3ヶ月後には“自分の顔が好きになる”から。

 


管理人オススメのコンテンツ

  1. 【体験談】8年間悩んだニキビがたった90日で克服できた物語
  2. 【体験談】医学部の先輩が教えてくれたニキビケア方法とは
  3. 【体験談】ノンエーを実際に使ったみた感想のまとめ。
  4. 【体験談】ディフェリンゲルを使った感想のまとめ。

 

追記:

副作用に耐えられない! でも、早く治したい!

友達の肌はいつも、ぷるぷるなのに私の肌はこんなに汚くて…。
毎日、マスクを付けてないと落ち着かない。。。

 


うわぁぁぁ~汚い!
こっち見んな
同級生の男子に目が会う度、こんな言葉を言われました。

好きでこんな肌になった訳じゃないのに、ニキビのせいで自分の顔に自信がもてない。


このような経験から、
私と同じ悩みを持っている人を手助けしたい!
と思い、体験談を書いてみました。

ディフェリンゲルを塗り続けるか迷っているなら、こちらの“体験談”を見てください。

→ 皮むけも赤みもなく、たった60日でニキビを治した話は<コチラ>

 

管理人プロフィール

田宮
田宮

このブログの管理人です。
 
私は8年以上もニキビに悩み、苦しみました。
学生時代から、同級生にいじめられて、毎日死にたいと思っていました。
 
私にニキビができたのは小学5年生。一番他人の目が気になる年齢でしたから、「あいつキモいよね」と陰で言われてたり、「うわっぁ!汚い肌!」と目が合えば必ず言ってくる男子の言葉の暴力に、私の心は耐えきれませんでした。
 
私にとって学校生活は地獄でした。不登校になってしまい、中学卒業までまともに行けませんでした。。。
 
 
高校生になっても治らず、働けるようになったこともあり、バイト代のほとんどをニキビケア用品に使いました。
市販の塗り薬や洗顔など薬局の棚にあるもの全て使ったほどです。
 
そこまでして治したかった。。。でも、治らないどころか、ひどくなる一方でした。
私は意味がわからず、最後の希望として皮膚科へ行くことにしました。
 
皮膚科医に相談すると、ディフェリンゲルが処方されました。
副作用はつらかったけど、今までで一番効果がありました
 
このときの体験談を書いたので、皮膚科での治療に悩んでいるのなら、参考にしてください。
あなたが自分の笑顔に自信が持てるためのお手伝いが私にはできます。
→ 【体験談】ディフェリンゲルを使ってみた感想まとめ
 

Pocket